FC2ブログ

オールドファッションカップケーキ キャストインタビュー

キャストインタビュー
07 /10 2020
オールドファッションカップケーキ キャストインタビュー

オールドスライド(ブログ用・72dpi)

DSCN1733b(96)


【原作】
佐岸左岸 (大洋図書刊)

【価格】
5,000円(税抜)※2枚組

【出演】
野末(受):興津和幸
外川(攻):阿座上洋平

柿谷:高橋伸也
中村:蟹江俊介
桐島:李知恵
河野:松嶌杏実
男性社員:粟津貴嗣
女子アナ:北野更
女性社員:厚地彩花
女性客:三宅麻理恵

~~特典情報はコチラ~~


■収録のご感想、共演のご感想をお願いいたします。
=======
野末役:興津和幸さん
=======

興津さん:39歳の年上上司という設定だったので、今までにない緊張感を感じながら収録に臨みました。こういう役を僕もふっていただけるようになったんだなぁと時の流れを感じて、自分も大人になったな……って思いました(笑)あと、阿座上さんがすごく爽やかな方で共演して楽しかったです!

阿座上さん:共演のご感想それですか……!?(笑)

興津さん:(笑)2人きりでの収録だったので、普段のBLCDの収録よりも阿座上さんと親密な関係になれたなぁと思いました。

=======
外川役:阿座上洋平さん
=======

阿座上さん:原作を読ませていただいた時に、2人の距離がじんわり近づいていく淡い作品で、本編では体を重ねるシーンもなく……、

興津さん:「体を重ねる」っていうワード好きだよね?(笑)
(※阿座上さんは、キャストトークCDでも「体を重ねる」というワードを使っています。)

阿座上さん:一番いい言葉かなって思ったんです(笑)「体を重ねる」っていう言葉がぴったりくるような雰囲気の作品だなと思っていて。だからこそ、番外編で体を重ねるシーンがエモいというか……、

興津さん:「エモい」!若者め!(笑)

阿座上さん:積極的に使っていきますよ!(笑)2人の距離がじんわりと近づいていく素敵な作品なので、この作品を演じるのは、僕の中でプレッシャーでした。しかもお相手が興津さんということで、野末さんと外川が近づいていく姿を自分がどこまで演じきれるかプレッシャーがあったんですけど、やっぱりそこは興津さんがリードしてくださって……。

興津さん:ウソ!?

阿座上さん:いや、本当に上司だなっていう(笑)

興津さん:上司!?(笑)

阿座上さん:(笑)こんなに雰囲気の素敵な作品で興津さんとご一緒できて嬉しかったです。

興津さん:ありがとうございます(笑)

阿座上さん:本当に光栄でした。

興津さん:こちらこそ(笑)

阿座上さん:本当です!

興津さん:照れます(笑)エモいです(笑)


■お気に入りの台詞や、印象に残ったシーンを教えてください。
=======
興津和幸さん
=======

興津さん:「ジャンジャン」のところです。

阿座上さん:ジャンジャン(笑)

興津さん:「そんなジャンジャン言われてもわかりませんよ」っていう外川くんのツッコミが楽しかった!

阿座上さん:あはは!

興津さん:色んな「醤」についての知識が手に入るっていう。

阿座上さん:そこなんですね(笑)

興津さん:2つ目は、野末さんの「外川くーん、抱いてー。きゃー。」のところです。外川くんが「タヌキオヤジへのナイスショットと同じ言い方じゃないですか……。」ってツッコむんですけど、タヌキオヤジへのナイスショットと同じ言い方をする野末さんってどんな風に言ってるんだろうって……。

阿座上さん:確かに(笑)

興津さん:すごく悩んだので、上手く表現できたのかしらどうかしらと(笑)ドラマCDで確認していただきたいところです。あとひとつは、「外川が野末の目玉にチューするところ」です。

阿座上さん:あはははははははは!(爆笑)印象的なシーンですよね。僕も力を入れて頑張りました(笑)

興津さん:この3つが個人的に印象に残った3シーンです!

=======
阿座上洋平さん
=======

阿座上さん:僕は野末さんの「俺も君が、好きだよ、死ぬほど。」のシーンが好きです。「死ぬほど」っていうワードがこの作品では何度か使われていたんですけど、「死ぬほど」って「死ぬほど頑張った」とか「死ぬ気でやってる」とか、簡単に言うと安い言葉になってしまうと思うんです。でもこの作品では、その言葉に至るまでが丁寧に描かれていて、だからこそ、野末さんが外川に言ってくれた「俺も君が、好きだよ、死ぬほど。」の「死ぬほど」は、こんなに重い言葉なんだなと思いましたし、外川の台詞の「死ぬ気で口説いてました。」も本当に「死ぬ気で」だったんだなと収録を通して感じました。あと、目玉を舐めるシーンが好きです(笑)

興津さん:(笑)

阿座上さん:何回か録り直しましたけど、やっぱり録り直して良かったですね(笑)

興津さん:録り直した方がよかったねー。ディレクターさんに「興津さん、お芝居的に今どこを舐められましたか?」って聞かれたのがすごい面白かった(笑)

阿座上さん:目のどの辺りを舐められているのか解釈違いが起きないように、擦り合わせしましたね(笑)

興津さん:擦り合わせしました(笑)

阿座上さん:そのお陰で僕の芝居も変わったっていう……。

興津さん:気持ち悪かった(笑)

阿座上さん:(笑)番外編では外川の変態性が出てましたけど、掘ればもっと出てきそうですよね、彼。

興津さん:阿座上さんだからできる(笑)

阿座上さん:僕の性癖みたいになってるじゃないですか(笑)でも、そういうことも出せるようになるくらい、番外編では2人の関係が深まってきたんだなって思いました!


■ご自身と担当キャラクターの似ているところがありましたら、教えてください。
=======
興津和幸さん
=======

興津さん:人生を振り返って悩んでしまうところです(笑)

阿座上さん:あはははは!(笑)

興津さん:野末さんのような世代のキャラクターについて考えることって少なかったんですけど、いま改めて物語の中で想像していくと、自分とどんどん重ね合わせようとして、だんだん自分が辛くなるっていう……(笑)野末さんには外川くんがいてくれて本当によかったなって思いましたね。色々知っちゃってるから、自分からは言えないし、こう言えばこうなるってある程度見えちゃってるから余計言えないし、言わないし……っていうところが、野末さんと似てるかなと思いました。でも、野末さんの自分はこう言えばいいって知ってる、っていう、ここぞという時に大人の本気を見せる感じは、演じていて楽しかったですね。あと、パンケーキ食べたいけど、恥ずかしいなって思っているところが似てると思います(笑)野末さんほどは食べられないと思うけど気にはなる……おいしそうなんですよね。

阿座上さん:今度行きましょ。

興津さん:はぁーーー………(溜息)

阿座上さん:緊張されてる(笑)

興津さん:めっちゃ見られるやつですよ。

阿座上さん:結構いますよ、そういう方。

興津さん:本当に?どういう方?

阿座上さん:スーツ着て、おじさん3人でパンケーキ食べていらっしゃる方。

興津さん:2人じゃないじゃん!3人じゃん!2人と3人は違いますよ!(笑)

阿座上さん:打ち上げで2人で行きましょ(笑)

興津さん:打ち上げでパンケーキを食べる会(笑)見掛けても声を掛けないでください!

阿座上さん:そういうオーラを出していきましょう。

興津さん:女の子ごっこしてるだけなんで!っていう。静かに見守ってあげてください。

=======
阿座上洋平さん
=======

阿座上さん:外川は少し無愛想だったり、好きな人の前では不器用な部分が出たりするんですけど、僕も昔から憧れている役者さんの前だと、何も喋れなくなったり、無愛想になってしまうところがあるので、そういう不器用なところは演じていて似てるなと思いました。ただ、駆け引きは外川の方が上手いから……、

興津さん:ふふっ(笑)……ごめん笑っちゃった。駆け引き上手いんだ、外川くん(笑)

阿座上さん:僕からしたら外川は上手いですよ!(笑)駆け引きというか、押し方の塩梅ですかね……。外川は、今日はここまで攻めてみようとか自分の中で設定して、ちょっとでもドライな反応を返されたら、今日はこれ以上はやめておこう……とかしてるんですよ。でも、野末さんは、優しく「えへ」って言って笑顔見せてくれたりとか、ちょっと勘違いしちゃいそうなご褒美をくれるんですよ。そういうのがあるから、人をどんどんその気にさせていくんですよね。悪い人です。

興津さん:まとめ、そこ!?(笑)

阿座上さん:なんの話になっちゃったんだろ!?(笑)


~~~~~~~~~~~~~~~
キャストインタビューを第1弾を公開いたしました
ドラマCD「オールドファッションカップケーキ」は8月26日(水)発売です💿✨

興津さん&阿座上さんによるトークは、公式通販 Shop Fifth Avenue特典の、
公式通販特典『キャストトークCD』でもお楽しみいただけます!
公式通販は下記よりご予約受付中です💗

Shop Fifth Avenueでのご予約はコチラから!!
(※特典付与期間:2020年10月31日まで)

スポンサーサイト



いつか恋になるまで キャストインタビュー

キャストインタビュー
06 /16 2020
いつか恋になるまで キャストインタビュー

いつ恋スライド(ブログ用・72dpi)

DSCN1724(96).jpg



【原作】
倉橋トモ (竹書房 バンブーコミックス moment)

【価格】
5,000円(税抜)

【出演】
和馬(受):古川慎
千秋(攻):内田雄馬

巴:矢作紗友里
神田:河西健吾
斉藤先生:外崎友亮
本條:岩井映美里
ミキ:佐藤はな
和馬母:池辺久美子
千秋母:中恵光城
佐藤:井上宝
友人1:神木孝一
友人2:柏崎隼史

~~特典情報はコチラ~~


■本作の未来のお話である『家族になろうよ』から約3年ぶりの収録となりましたが、収録のご感想、共演のご感想をお願いいたします。
=======
和馬役:古川慎さん
=======

古川さん:『家族になろうよ』での自分のお芝居を聞いて改めて振り返りつつ、過去編である『いつか恋になるまで』に取り組んだのですが、色々な難しさややりがいがぎゅっと詰まった収録でした。3年という月日はこれだけ人を変えてしまうのかと、びっくりした部分もあるのですが……そこはフリートークのCDで色々とお話させていただいたので(笑)3年前の収録も雄馬くんと一緒に録らせていただいて、今回も一緒に録れたことが、ひとつ嬉しいなぁと思ったところです。

内田さん:ね!うれしい!

古川さん:年月が経ったことでカタチは若干違えど、その時にキャッチボールしていた呼吸感が今でも変わらずあって、こっちのボールを受け取ったうえで色んなことを伝えてくれる雄馬くんのお芝居を受けて、またボールを投げ返すっていう掛け合いがすごく楽しかったです。雄馬くんとこの2人を演じることが出来てよかったなぁと思います。

=======
千秋役:内田雄馬さん
=======

内田さん:3年ぶりの収録ということで、我々にとってはキャラクターと久しぶりに会える喜びもありつつ、まずはどういう風に向き合っていたかを思い出しながら、今回は更にそこから過去に遡って演じるという……声優だからこそ、そういったキャラクターの歴史の辿り方も出来るんだなぁと思いました。僕ら自身もその間にいろんな交流があって、基本的に役は役ではあるんですけど、お互いの呼吸感をお芝居で感じている中で、前回よりも呼吸が合っているんだろうなと。

古川さん:うんうん。

内田さん:過去編ということで逆に前回より合いすぎても……という気持ちもあったのですが、そういうところの塩梅もまことくんとお互いの呼吸を感じて空気感を作り上げることが出来たと思います。やっぱり掛け合いで録れたっていうのがめちゃくちゃ嬉しいし、楽しかったです!


■お気に入りの台詞や、印象に残ったシーンを教えてください。
=======
古川慎さん
=======

古川さん:僕は最後の台詞が一番好きですねー!和馬と千秋が同時に言うところ!

内田さん:おっ!最後お母さんに……!

古川さん:そう!お母さんに言う台詞が一番好き!

内田さん:わかる!

古川さん:今回、『家族になろうよ』の時よりも、和馬と千秋のシンクロの台詞の割合がちょーーー増えてるんですよ!!

内田さん:あははははは!確かに!実はそうだよね!

古川さん:そのシンクロの台詞って「えっ!」とか「してねーし!」とか同じタイミングで反応するみたいな、あくまで受けて答えるちょっとした一言が多かったんです。でも、一番最後の台詞は、リアクションとしてでの台詞ではなく、初めてふたりが能動的に言ったシンクロの台詞だったので、強く印象に残ってますね。

=======
内田雄馬さん
=======

内田さん:『家族になろうよ』は和馬と千秋が付き合ってから何年も経っていて、関係が出来上がっているところからのスタートだったんですけど、今回はそんなふたりの過去を辿っていけたことが印象に残っています。自分が演じるキャラクターの全部を掘り下げることは、物語上難しいことも多いんですけど、こうやって時を経て、そこを細かく知ることが出来たのは嬉しかったですし、楽しかったです!たとえば、毎年一緒に祭りに行ってるとか、秘密基地で関係を深めているとか……。自分にとって、キャラクターや作品の理解を深めるために、いろんなことを教えてもらえたなぁと思います。ふたりの過去を辿ったら、青春だったり、初心(うぶ)い感じだったので「確かにこれはドキドキするよね!」とかそんな話をまことくんとしながら収録していました(笑)

古川さん:してたね(笑)

内田さん:やっぱり初心な反応はいいですね!かわいいなって思いました!



DSCN1726(96).jpg



■和馬はサッカー・フットサル、千秋はバレーとスポーツに励んでいましたが、おふたりの最近の運動事情を教えてください。

内田さん:まことくん、なんかやってる?

古川さん:うーーーん……。そういえば、我々この収録が始まる前、同じスタジオにいたんですよ。

内田さん:うん。別の作品で一緒だったね。

古川さん:それから各々仕事を終えて、別々のタイミングでそのスタジオからこのスタジオに移動したんですけど、ふたりとも徒歩で来るっていう。

内田さん:あはははは!そう!

古川さん:大体5キロほどあったんですけど……。そんな感じで、最近の運動事情は徒歩ですね!(笑)

内田さん:そうね!(笑)前の現場からこの現場まで時間もあったから、別々に出たのに、結果ふたりともなぜか歩きを選択して、着いた頃にはちょっとへろへろになってたっていう。

古川さん:雄馬くんは徒歩移動の先輩なんですよ。

内田さん:(笑)

古川さん:結構徒歩移動してるんですよ。

内田さん:そうね(笑)

古川さん:僕が徒歩移動するのは、たまーーーーーになんです。気が向いた時とか、そろそろ運動しておこうと思った時だけなので。だから、雄馬くんはまだ余力があるんですけど、僕は着いた時、割と疲れてて (笑)

内田さん:あはははははは!!

古川さん:第一声なんかひどかったよね!?スタジオに着いて休んでたら雄馬くんが来て、「あ、おつかれー!」って声掛けてくれたのに「(疲労感溢れる声)おぅ……」

内田さん:そう(笑)「疲れてる?」って言って。

古川さん:「ちょっと待って……疲れてる……」って(笑)

内田さん:「何してきたんだよ」って言って(笑)

古川さん:「歩いてきたんだよ……」って言って(笑)

内田さん:あはははは!やっぱり最近の運動事情は徒歩だね。

古川さん:徒歩も運動になるからね!

内田さん:大事大事!出来るところで運動するっていうのが大事よね!


■発売を楽しみにお待ちいただいている皆様へメッセージをお願いいたします。
=======
古川慎さん
=======

『家族になろうよ』から約3年ということで、我々もパワーアップしまして、そんな中でキャラクターの過去編を演じるというやりごたえのある収録をさせていただきました!和馬と千秋以外にも『家族になろうよ』に出てきたキャラクターが出てきます。彼らのおかげでふたりは自分の心にまっすぐになれたんだなぁと感じられたりと、ふたりのこれまでが詰まったドラマCDになっております。
これはどの作品でも思うことなんですが、ドラマCDは我々が音声だけで、原作であり、ストーリーの骨組みであるものを表現しているんですけれども、聴いていただく方に一番やってほしいなと思うのは、原作と一緒に楽しんでもらうことです。音だけで表現できる情景描写も沢山あるんですけど、それでも原作の先生が描きたかった表情を一番皆様のもとにお届け出来るのは、視覚情報なんだろうなというのが正直なところです。先生が描きたかったものを見て、読んでいただいたうえで、我々のお芝居を聴いていただけたら、ドラマCDももっともっと素晴らしいものになるんじゃないかと自分の中でずっと思っています。なので、是非是非!原作と併せて!読んでいただいて、聴いていただければ、本当にありがたいなと思います!!皆様の目と耳で実感してください。よろしくお願いします!

=======
内田雄馬さん
=======

『家族になろうよ』から3年経って過去編をやらせていただくという、本当に光栄な体験をさせていただきました。原作のシリーズを愛してくださっている方々が沢山いらっしゃるからこその、ドラマCDの続編制作だと思います。いま大学生編も連載中とのことで、彼らの物語もまだまだ終わっていません。皆さんの応援でシリーズが展開して、続いているものだと思いますので、引き続き皆さんにシリーズを愛していただけたら嬉しいです。
我々は、原作をより立体的に感じていただき、より皆さんに原作の世界を楽しんでいただくために、こうやって音声化という形でお芝居をさせていただいて、皆さんにお届けしています。まことくんが言ったように、是非原作を楽しんでいただきつつ、そしてドラマCDも楽しんでいただけたらと思っております。これからもどうぞ、このシリーズへの応援よろしくお願いします!


~~~~~~~~~~~~~~~
キャストインタビューを全文公開いたしました
ドラマCD「いつか恋になるまで」は7月22日(水)発売です💿✨

古川さん&内田さんによるトークは、公式通販 Shop Fifth Avenue特典の、
公式通販特典『キャストトークCD』でもお楽しみいただけます!

インタビュー内で「フリートークのCDで色々とお話させていただいた」とお話に出ていた、
前作『家族になろうよ』から3年という年月によるおふたりの変化についてはトークCDで熱くお話いただいております📢🔥
公式通販は下記よりご予約受付中です💗

Shop Fifth Avenueでのご予約はコチラから!!
(※特典付与期間:2020年8月31日まで)

恋するヒプノティックセラピー キャストインタビュー

キャストインタビュー
06 /08 2020
恋するヒプノティックセラピー キャストインタビュー
恋するヒプノティックセラピー

IMG_0755s.jpg

【原作】
まさき茉生(一迅社 gateau刊)

【価格】
3,800円(税抜)

【出演】
高澄一志(受):天﨑滉平
伊佐木蒼(攻):石谷春貴

玲音:佐藤元
小倉:鈴木崚汰
隆司:松岡洋平
客1:長谷川育美
客2:和泉風花
受付:村井美里

~~特典情報はコチラ~~


■収録のご感想・共演されたご感想をお願いします!
=======
高澄一志役:天﨑滉平さん
=======

収録、あっという間でした!長い時間をかけて録っていただいたはずなんですけど(笑)
春くんと2人でじっくり収録できて、楽しかったです。僕と春くんは同期なので…。

 石谷さん:うんうん。

同期2人でやれたっていうのも嬉しかったですし、春くんと掛け合いでのお仕事もあるっちゃあるけど、久々だったからね!

 石谷さん:そうそう!

なので、相手役が春くんだって聞いて、すごく嬉しかったです。

=======
伊佐木蒼役:石谷春貴さん
=======

事前に原作コミックスを読ませてもらっていて、収録は「こんな感じになるのかな?」って想像しながら台本チェックしていました。実際に収録すると、思っていた通りな部分もあったけど、お互い個性を出していけたんじゃないかなと思っている部分もあるので、それは嬉しかったです。
あまちゃんとはお互いの呼吸感も分かっている間柄なので、お互いにお互いを感じ取って、ハマるところにハメられたんじゃないかと思っています!


■お気に入りの台詞や、印象に残ったシーンを教えてください!
=======
高澄一志役:天﨑滉平さん
=======

「蒼くんと、リアルなセックスがしたい!」この台詞ですね!

 一同:(笑)
 石谷さん:その一言かぁ(笑)

この台詞、字面だけ見ると、めっちゃセックス!って感じなんですけど(笑)

 石谷さん:うん(笑)

でも一志が求めてるのって催眠とかなしの本当の気持ちで繋がりたいっていうことで、それを表してるシーンなんですよね。

 石谷さん:あぁー。(納得)

その気持ちをこの言葉で言うっていうのが、その気持ち通りの言葉で言うよりも、とても僕の心に響いたというか……。この言葉で伝えるのか!っていうのが、原作コミックスを読んだ時も、収録で実際に言う時も印象的でしたね。

=======
伊佐木蒼役:石谷春貴さん
=======

俺は「3、2、1……0。」ですね(笑)

 一同:(笑)

蒼が一志くんにかけてる催眠を解く時の台詞なんですけど、蒼はボディセラピストのバイトで一志くんに触れる時は催眠をかけるので、普段の蒼とは少し違う感じのお芝居をさせていただいてます。そこはお客様にも注目してもらいたいです!
まぁー、催眠にかかるかかる!一志くんは(笑)

 一同:(笑)
 天﨑さん:そうね(笑)

実は俺は、あんまり催眠にかかったことがない方なので、催眠にかかりやすい人ってこんな感じなんだ!って楽しく聞いてました(笑)
本当にかかるんだろうか?って思って、一回鏡に向かってやってみたんですけど(笑)

 一同:(爆笑)

カウントに限らず、催眠シーンは全体的にお気に入りですね!

sIMG_0757.jpg

■お相手キャラクターの好きだと感じたところを教えてください!
=======
高澄一志役:天﨑滉平さん
=======

マッサージしてシャンプーしてドライヤーしてくれるところがすごい好きです。蒼可愛い!って思って(笑)

 石谷さん:(笑)

一志が「なんでこんなにしてもらってるの?」ってなってるのも可愛くて。蒼がとても真摯で、まっさらな状態で聞いて欲しいって思ったから行動に移したっていうのが蒼の人の良さというか……、真面目な子なんだろうなっていうのが分かって、僕はすごく好きですね。

=======
伊佐木蒼役:石谷春貴さん
=======

素直なところですね!すぐ出ちゃうところ!だからこそ催眠にもかかりやすいんでしょうし(笑)
人の言葉にすぐ気持ちが動かされるタイプだと思うんですけど、俺がお芝居をしたいなって思ったのは、人の心を動かしたいっていうところが原点だったので、一志くんが素直に心動かされている様子を見て、俺もこんな風に動かせたらなって思いました。そういう一志くんがすごく好きですし、そこが一志くんの魅力なんじゃないかなって思います。

■発売を楽しみにお待ちいただいている皆様へメッセージをお願いいたします!
=======
高澄一志役:天﨑滉平さん
=======

原作が大好きな方がたくさんいらっしゃると思います!そんな皆さんにきっと楽しんでいただける内容になったと思っております。そして、ドラマCDから入ったよって方も、ドラマCDを聞いた後にぜひ原作で答え合わせじゃないですけど……、音声ではこんな風に感じていたけど原作の漫画ではどうなんだろう?って読んでもらう楽しみ方も出来ると思うので、とにかく楽しんで聞いてもらえたらなって思います!

=======
伊佐木蒼役:石谷春貴さん
=======

このインタビューを読んで気になった方は、まずはぜひ試聴を聞いていただいて、原作の漫画を読んでいただいて、イメージを膨らませてみたいただけたらと思います。
そしてドラマCDを聞いていただければ、自分がヒプノティックセラピーを受けている!っていう感じが出せる音声作品になっているんじゃないかなって思っているので、ぜひ一志くんと一緒にセラピー受けてみてください!
そして、一志くんと蒼の気持ちが寄り添っていくところとか、それぞれの心の機微を、俺たちのニュアンスを載せさせていただきましたので、そこも楽しんでいただければ幸いです。また、店舗特典では俺たちでフリートークとかもさせていただいたりしたので、ぜひ余すところなく楽しんでいただけたら幸せです。よろしくお願いします。


~~~~~~~~~~~~~~~
キャストインタビューをすべて公開いたしました
ドラマCD「恋するヒプノティックセラピー」は7月15日(水)発売です💿✨

天﨑さん&石谷さんによるトークは、公式通販・Shop Fifth Avenue特典の、
『キャストトークCD』でもお楽しみいただけます!
ぜひぜひご予約くださいませ💗

Shop Fifth Avenueでのご予約はコチラから!!
(※特典付与期間:2020年8月31日まで)


恋をするつもりはなかった キャストインタビュー

キャストインタビュー
03 /31 2020
恋をするつもりはなかった キャストインタビュー

恋つもスライド(ブログ用・72dpi)


sDSCN1698.jpg

恋つもキャストインタビュー



【原作】
鈴丸みんた(ホーム社 EYES COMICS メロキス刊)

【価格】
3,800円(税抜)

【出演】
桐谷佳乃(受):佐藤拓也
西嶋狼(攻):江口拓也

スイ:安田陸矢
マスター:美斉津恵友
ロウの友人1:坂泰斗
ロウの友人2:保住有哉
老人:高橋伸也
ゲイバー客:岡野友佑
女性社員:小針彩希
男の子:永井真里子

~~特典情報はコチラ~~



■収録のご感想、共演のご感想をお願いいたします。

=======
桐谷佳乃役:佐藤拓也さん
=======

佐藤さん:原作コミックスを読ませていただいて、自分が佳乃さんを演じるにあたってどうしていこうかって考えてはいたんですけど、お相手が江口くんだと聞いたので僕の中では「今日は江口くんにおまかせ!」っていう気持ちで来ました。

江口さん:おっ!(笑)

佐藤さん:個人的に江口くんとお芝居のやりとりをするのが本当に大好きなので、今回一緒にやれて嬉しかったです。

江口さん:ありがとうございます!

佐藤さん:「江口くんのロウくんに変えられていくのだ!」と思っていて(笑) 佳乃さんは本当にタイトル通り「恋をするつもりはなかったのにロウくんに惹かれて変わっていく」というキャラで、僕自身も江口くんのロウくんにどんな風に変えられていくのか興味があったので、その過程が楽しめれば良いなと思って今回演じました。

=======
西嶋狼役:江口拓也さん
=======

江口さん:楽しい収録でした!ゲイバーのメンバーがお客さんも含めて個性豊かで楽しいキャラだったので、自分の出番じゃない時も聴いてて楽しかったです。

佐藤さん:うん。

江口さん:佳乃の会社シーンで登場する先輩たちも含めて、ロウも佳乃も周りの方に恵まれながら生きてるなって思いました。僕もさとたくさんとガッツリお芝居できるっていうのが嬉しかったですし……。今回は攻め役ということで!ついにさとたくさんが演じるキャラを抱ける日が来たのかと……!

佐藤さん:(爆笑)

江口さん:「どういう感じで受けてくれるんだろう……どういう反応してくれるのかなぁ?」って楽しみに今日は来ました(笑)終始アツくて楽しい収録でしたね。



■お気に入りの台詞や、印象に残ったシーンを教えてください。

=======
佐藤拓也さん
=======

序盤の方なんですけど、初めてロウくんの家に行った時の別れ際のシーンかな。佳乃さんは自分の気持ちとかロウくんがどう思ってるのかとか悶々と考えてて、「もしかしてこれは……そういう気持ちなのかもしれん……」っていう状況にあったことで、口説かれてるのかなって気持ちが盛り上がっていくわけじゃないですか。なのに、ロウくんは佳乃さんの話を聞きはするけど、気持ちを受けるような素振りは見せなくて。二人で同じ空間にいるはずなのに心が通っているようで届いていないこの空虚な感じが、出会って初期段階としては結構ハードルだったなぁと思っていて……僕の中に刺さりましたね。

=======
江口拓也さん
=======

江口さん:お互いに思っていることはあれど、それぞれのぶつかり方でお互いにぶつかった結果すれ違ってしまう……っていう二人だったんですけど……。ロウは佳乃を焚きつけるような言動を繰り返して、佳乃はそれを真に受けてショックを受けて、っていうシーンが何度かあって。そういうすれ違いのやりとりが切ないなって思って、印象に残ってます。さとたくさんと同じシーンになっちゃうんですけど、ロウの言葉だと「まあでも、付き合うのはナシかな」とか。

佐藤さん:それなー!

江口さん:ねー!あとは別れ際の「また会えたら話そ!」とかね!佳乃が「もう会う気はないような言い方」って受け取っちゃう感じが……あぁ~~切ねぇ!って思いました。



■お互いが演じられたキャラクターの好きなところを教えてください。

=======
佐藤拓也さん
=======

佐藤さん:なんだかんだで一生懸命なところですかね。ロウくんは基本的に「ダサいことしたくない」っていう人ですけど、僕はカッコ良いことってダサいことだと思っているんです。相手のことを想って必死になるから、ダサいし、カッコ良いというか。自分が優位に立っている時は、想いを込めた意味深なカクテルを渡したりするスマートなロウくんなんですけど、一歩心の中に踏み込んだ時に見えてくるのは、佳乃さんのことを想って、佳乃さんのために一生懸命行動するロウくんだったので、そういうところがカッコ良いなって思いました。
あと、封入特典のミニドラマの台本を読んで思ったのは「なんだよ、このスパダリ!」って(笑)

江口さん:あはは!カッコ良いですよね(笑)

佐藤さん:あれはカッコ良い!俺の彼氏がスパダリすぎる!ってニヤニヤしてしまいました(笑)

=======
江口拓也さん
=======

江口さん:やっぱ可愛いとこじゃないですかね……!でもその可愛さも本当に危うくて。よく30歳まで守り続けてきたなと……!そういうことについて興味津々なのに、よく……(笑)

佐藤さん:(笑)

江口さん:「よしのって意外とすけべさんだよね」からの「オレはどすけべですよ」の一連のやりとりとかほっこりしたんですよ!(笑)

佐藤さん:あったね(笑)

江口さん:色んな興味はあったのに、佳乃が真っ白なままでいたのは天然の神々しさすら感じられて、可愛いなって思いました。あと、佳乃は言葉をまっすぐ受け取ってくれて、まっすぐ返してくれる素直さが素敵だなって思いますね。



sDSCN1702.jpg




■【佳乃が三十路という節目の誕生日に思い切ってゲイバーに行く】というところから物語が進んでいきますが、「三十路の時、もしくは30代になったことをきっかけにしてみたこと」はありますか?

=======
佐藤拓也さん
=======

佐藤さん:30歳過ぎたから思い立って……って、やれてないことの方が多いんですよね。20代の頃は、語学に興味あったんですよ。「三十路過ぎたら勉強して、外国語でもコミュニケーション取れるようになりたいなー」って思ってたんですけど……思い続けて35になってしまいました(笑)

江口さん:気付けば5年も(笑)

佐藤さん:ちゃんと行動に移した佳乃さんには恥ずかしくて言えないんですけど、僕はまだネットで調べたのみです!

江口さん:あははは!(笑)

佐藤さん:教室の門は叩いてはいません!(笑)やっぱり勢いって大事ですよね。そこは佳乃さんを見習って、扉を開けられるようになりたいなーと思っております。

=======
江口拓也さん
=======

常日頃から苦手なことにチャレンジしようと思ってるんですけど、その中でも僕が一番苦手だったのが「舞台」で……。台詞を覚えるのも、人前に立って芝居をするのも怖くて。それを30歳の時に挑戦してみようと思って、初めて舞台のお仕事をさせていただきました。それもあくまでも理由付けのひとつなんですけど、昔から「30になったらやるぞ!」と思ってたわけじゃなくて、30になって「じゃあ次は何に挑戦しようかな」って考えた時に、自分は舞台が苦手なんだなって感じて、「今やっとくか!傷が浅いうちに!」みたいな(笑)それで実際に経験してみて、「やっぱり嫌だ。二度とやらない。」って思うのもヨシ、「あっ楽しい。」って思えたらそれはそれでヨシ!っていう気持ちで挑戦しました。



■発売を楽しみにお待ちいただいている皆様へメッセージをお願いいたします。

=======
佐藤拓也さん
=======

佐藤さん:今回、江口くんと二人でこんな素敵なカップルを演じさせていただけることになりまして、すごく嬉しく感じています。収録もすごく和気藹々としていて、さっき江口くんも言ってましたけど、作中のゲイバーの人たちもオフィスの人たちも良い人ばっかりで、おもしろい人もいて(笑)

江口さん:んふふ(笑)

佐藤さん:お芝居の掛け合いもすごく楽しかったです!ドラマCDになって良かったなって作品のファンの皆様に思っていただけたら嬉しいなと思いますので、ぜひ聴いてください。よろしくお願いします!

=======
江口拓也さん
=======

江口さん:素敵な原作の雰囲気を感じながら、どういう風に声でこの世界を構築できるかなと思って頑張りました。良いものができたと思っております!その中でも、さとたくさんの「三十路ピュア」が本当に!可愛いので!

佐藤さん:(爆笑)

江口さん:先輩のことを可愛いって言うのはヘンかもしれないですけども(笑)

佐藤さん:いやいや、恐れ入ります(笑)

江口さん:とっても可愛いので、本当に早く聴いてほしい!うちのパートナーがとにかくめちゃくちゃ可愛いぞ!ということを世の人たちに知ってもらいたい!と思っていますので、ぜひぜひ皆様どうぞよろしくお願いいたします。



~~~~~~~~~~~~~~~
キャストインタビューを全文公開いたしました
ドラマCD「恋をするつもりはなかった」は5月20日(水)発売です✨💿✨

佐藤さん&江口さんによるトークは、公式通販・Shop Fifth Avenue特典の、
公式通販特典『キャストトークCD』でもお楽しみいただけます!
インタビュー内で出てきた意味深なカクテルのお話は、トークCDでたっぷりお話いただいております🍸✨
絶賛ご予約受付中です💗

Shop Fifth Avenueでのご予約はコチラから!!
(※特典付与期間:2020年6月30日まで)


真夜中ラブアライアンスDEEP キャストインタビュー

キャストインタビュー
03 /17 2020
真夜中ラブアライアンスDEEP キャストインタビュー
mayonaka_slider-01.jpg
IMG_0263.jpg
IMG_0274.jpg

【原作】
みちのくアタミ(竹書房刊)

【価格】
3,800円(税抜) ※みちのくアタミ先生原案!Hなオリジナルエピソード収録ミニドラマCD付き!

【出演】
ヒロト:中島ヨシキ
ショータ:佐藤拓也
はじめ:興津和幸
まさき:古川慎

ヨシオ:笠間淳
トオル:水中雅章
蘭:帆世雄一
洋司:岩中睦樹
組長:日向とめ吉
スタッフ:川島慶嗣
店員:杉山里穂

~~特典情報はコチラ~~

■本作への出演が決定した際のご感想・久しぶりにキャラクターを演じてみてのご感想を教えてください!
=======
ヒロト役:中島ヨシキさん
=======

「真夜中ラブアライアンス」の続編が連載しているということは元々知っていて、いつか音声化してくれたら良いなっていう思いがあったので、出演のお話しをいただいた時は、あぁ嬉しいなって思いました。続編モノって良いですよね。お付き合いが長くなってくると愛着もひとしおです。前回衝撃だった佐藤さんの可愛い声がまた聞けるんだ!って、今日は楽しみにして来ました(笑)

 佐藤さん:よせよせ(笑)
 一同:(笑)

前回は僕がBLCDでメインキャラをやるようになって間もない頃だったんですけど、今回はさらにブラッシュアップできたら良いなと思って演じました。
久しぶりに演じてみると、僕も当時より歳をとったので、落ち着きがちのヒロトになっちゃって(笑)「大学生だもんな……」と思って意識しながら収録しました。

=======
ショータ役:佐藤拓也さん
=======

僕もこの作品の続編があるっていうことは実は知っていて。やっぱり一度関わった作品ですし、また何かの形で関われたら嬉しいなーと思っていたので、今回出演のお話をいただけて嬉しかったです。
ショータという役は、これまでやってきた中でもすごく貴重なタイプの役で……。男性ではあるんだけど、女装してる時は女の子っていう心持ちもあるので、非常にやりがいがあるなと思って今回も演じました。
久しぶりに演じてみての感想としては、「あれ、ショータこんなに可愛いかったっけ!?」って思いました(笑)コミックス読んだんですけど、冒頭からめちゃくちゃ可愛くて!

中島さん:そうですよね(笑)

前回より可愛くなってるなと思ったので、プレッシャーというわけではないんですけど……、「可愛くしてやるぜい!」と思って挑みました(笑)
今回は非常にセンシティブなお話しで、「誰かを好きになること」「誰かを想うこと」ってこうだよな、ああだよな。って思い悩むことは誰しもあると感じたので、それをヨシキくんと2人でやらせてもらえて嬉しかったです。ヨシキくんとのお芝居の掛け合いがすごく楽しかった!

中島さん:ありがとうございます!

=======
はじめ役:興津和幸さん
=======

お!続編やるんだ!ビックリ!

 一同:(笑)

……って思いました(笑)

 古川さん:覚えてました?この作品。

タイトルが印象的だったので覚えてました!「真夜中……ラブアライアンスだ!」って。ラブラライ……。

 古川さん:(笑)

ラ、ブ、アライアンスだ!って!ちょっと噛みましたけど!(笑)

 一同:(笑)

内容も、やっぱり「ランジェリーを着てるのがバレちゃって!?タイヘ~ン!」っていうシチュエーションがとても印象的だったので記憶に残ってました。そっからどんな話になってるんだろう?ってワクワクしながら収録に臨みました。
久しぶりに演じてみて……。意外とセクシーなランジェリーをまさきくんがプレゼントしてくれたので(笑)

 古川さん:(笑)あー、すいません!

なかなかセンス良いなって(笑)

 古川さん:(爆笑)でしょう!?

恥じらいながらもちょっと嬉しかったです(笑)

=======
まさき役:古川慎さん
=======

続編ということで、前回の収録いつだったっけなって思ったんですけど、ほんとだいぶ前……ですよね?懐かしいなっていうのがもちろん第一にありました。あれからお話が繋がったんだなって思うと、おめでとう!って(笑)

 興津さん:うん!おめでとう!(笑)

久しぶりに演じてみてなんですけど、なんかまさきくんは、だいぶ甘くなった!?って思いました。前はもうちょっとギラついてたイメージがあったので。で、収録前に前回の音声を聞かせていただいたんですけど、やっぱりちょっと今より尖ってて。

 興津さん:愛の力だね!

そうなんですよ!人って変わるんだなって、演じながら思いました。今回は基本的に絡みのシーンの甘いまさきくんか、トオルを警戒しているまさきくんかの二択です!

■ご担当キャラクター・お相手キャラクターのおすすめシーンをそれぞれ教えてください!
=======
ヒロト役:中島ヨシキさん
=======

ヒロトはショータの中でどういう感情が巻き起こっているかとか分からない状態なんですけど、どのシーンでも基本的にショータの言うことを拒否とか否定とか、絶対しないのがいいなって思いました。

 佐藤さん:うん。

まぁでも彼は潜在的なドMなので(笑)

 一同:(爆笑)
 佐藤さん:それな(笑)

やっぱりショータに何かを求められることが絶対に嫌じゃないんですよね。だから結局は「まぁ、お前がしたいなら良いけど……」ってなっちゃう。そういうヒロトのシーンが随所に散りばめられているので、そこはおすすめだなって思います。
ショータは、前回の時もそうでしたけど、ヒロトをどうこうしようって時にとにかくノリノリなんですよね。最初は「ヒロトのために」とか「ヒロトをもっと気持ちよくしてあげたい」とかっていう気持ちで動いてたのかもしれないですけど、最終的には多分自分が楽しくなっちゃってる……(笑)

 一同:(笑)

その最終的なノリノリ感っていうのは、佐藤さんのお芝居でも存分に表れていると思うんで、おすすめです(笑)で、たまにヒロトの気持ちが見えた時に、すごいはしゃいで喜ぶショータのシーンもあるんですけど、そこがすごい可愛いなって思いました。

=======
ショータ役:佐藤拓也さん
=======

ヒロトくんは本当に可愛い!(即答)

中島さん:(笑)

ショータに言われるがままに何でも受け止めてくれるし、絡みのシーンもひときわ可愛い。コスプレしてる時もそうでない時も、ショータからすると「誰のおかげでこんな興奮してると思ってるの?」って感じですよ。

中島さん:なるほど(笑)

で、ショータについては、「普通のお付き合いをしたことがない」というのが彼の中のコンプレックスとしてあったので、「何をしてあげたら良いのか」「何をすることが正しいのか」が分からないまま、とにかくヒロトくんに喜んで欲しいという一心で今回色々動くわけなんですが……まぁその手段は偏っていたとは思うけど、改めてショータは本当に一生懸命でピュアな子なんだなと認識したので、そういうシーンに注目して欲しいです。

=======
はじめ役:興津和幸さん
=======

はじめのおすすめシーンはランジェリーをプレゼントされ、た……。

 古川さん:冒頭の。

のち、

 古川さん:のち(笑)

どうなるのか……!ですかね。

 古川さん:どうなるかまで含めて!

そうですね!はじめという男はランジェリーありきだと思っているので!

 古川さん:なるほど(笑)

まさきのおすすめシーンは、揺れる車を見つめるシーンです。

 一同:(爆笑)
 古川さん:ほんとですか!?いや、それ採用されてないヤツですよね!?(笑)

好きなんだよなぁ……。あの1テイク目のまさき(笑)
でもまぁ、今回ははじめの昔の友達であるトオルが出てくるので、そのトオルの出現によって、ラブラブだと思っていた、のに、揺らぐ心!そこですね!

 古川さん:あ、まさきくんの。

はい。あの自信過剰なまさきくんが垣間見せる揺らぎ。ここが見どころだと思います。

=======
まさき役:古川慎さん
=======

まさきくんがはじめさんのために動いているシーンは全部おすすめなんですよね。特にはじめさんが車に連れ込まれているのを助けに行って「はじめさんに何したんだテメェ!」って言うところは、めっちゃ彼氏しててカッコ良いな~と思いました。これは真面目なほうのおすすめシーンです(笑)

 興津さん:ん?(笑)

で、個人的におすすめなのが、封入特典のミニドラマ。

 興津さん:あー!

最後のオチが分かるシーンがあるんですけど。

 興津さん:あれ良かったー!めちゃくちゃ良かったですね、あれは。

あそこは大変楽しくやらせていただいたのでぜひ聞いて欲しいです。ヨシオさんとのやり取りが面白いシーンなんですけど、ヨシオ役の笠間さんもノリノリでやっていたので、注目してください。
で、はじめさんのおすすめシーンはトオルに「キスマーク?相手は誰だよ。」って言われて、「まっまさき、あいつーーーーっっっ!!」って思うところなんですけど(笑)

 興津さん:そう、あそこね。はじめの数少ないギャグシーン。

ギャグかつシリアスじゃないですか。モノローグ自体はギャグなんだけど、シーンはシリアス真っ只中っていう(笑)あれは塩梅がめちゃくちゃ難しいと思うんですよ。そこの何とも言えない声を上げている興津さんのお芝居をぜひぜひ聞いていただきたい!

 興津さん:(笑)

それ以外にも、トオルに関係するシーンははじめさんの魅力が盛りだくさんなので、推させていただきたいなと思います。

IMG_0262s.jpg
IMG_0273s.jpg

■はじめはランジェリーが好きですが、皆様は下着選びにこだわりはありますか?
=======
ヒロト役:中島ヨシキさん
=======

僕は某コンビニのボクサーパンツが好きで、5~6枚は持ってますね。

 佐藤さん:あ、そうなの!

はい。柄とか特になくて真っ黒なんですけど……まぁ要はこだわりはないってことですね(笑)

一同:(笑)

衣装とかにも干渉しないやつだし、まぁ最悪見えたとしてもコンビニのだしいっかなって(笑)値段も高くないし質も良いから、一泊二泊程度の仕事とかだと持って行かずに出先のコンビニで買うってこともよくやりますね。

 佐藤さん:それ良いね。

でもたまにチャラめな大学生とかが、デニムからちょっとだけ下着が見えてたりとかするじゃないですか。それがブランド物だったりするのカッコ良いな!って思うこともあります(笑)

 佐藤さん:ドルチェアンドなんとか!みたいな?(笑)

そうそう(笑)カルバンなんとか!ディーなんとか!みたいな(笑)
それはもはやオシャレとして成り立ってるんでしょうけどね。そうなると、ここまで見えても大丈夫!ってくらい鍛えとかないと。

 佐藤さん:そうだね。

腹斜筋とかがないとダメだと思うので、まぁ……ちょっと、僕は大丈夫です……。

 佐藤さん:「大丈夫です」って!(笑)

=======
ショータ役:佐藤拓也さん
=======

僕もそんなにこだわりはなくて、クローゼットにある下着はほぼ黒一色と言っても良いくらいですね。ボクサーパンツが多いです。どちらかと言うと重視するのはフィット感と通気性が良いものかな?

 中島さん:あー大事ですね。

フィット感ないと、デニムとか履いた時にラインが出ちゃうから、それが嫌なんですよね。トランクスだともたついちゃう時があるので、キュッとしてるボクサーパンツが好きですね。

 中島さん:納まりが良いですよね。

納まりが良い!?

 中島さん:ポジションは大事ですよね(笑)

次の質問に行って下さい!(笑)

一同:(笑)


=======
はじめ役:興津和幸さん
=======

これはもう(笑)トゥルルントゥルルンですよ。

 古川さん:(爆笑)

巻末コメントと公式通販特典になっているトークCDで散々お話したので、そちらを聞いて下さい(笑)

 古川さん:そうですね(笑)

ここでは、トゥルルントゥルルン以外お伝えのしようがないです(笑)

=======
まさき役:古川慎さん
=======

僕はポケット付きのヤツが好きです!それもトークCDでお話したので、ぜひご確認下さい(笑)あとは……そうだなぁ、面白いパンツが好きですね。

 興津さん:へぇ~。……え?どんな?

例えばなんですけど、中心に天狗のお面が描いてあるヤツとか。

 興津さん:えっ普段履いてんの!?

履いてます、履いてます。

 興津さん:えー!見る目変わるわぁ(笑)

その日の仕事に応じて、狙って履いて行くんですよ。ダンスの練習がある日とかは、その場で衣装に着替えなければいけない時もあるんですけど、そういう日は天狗のお面なんです。

 興津さん:見せパン的なこと?

そうです、そうです。前面の中心は天狗のお面で、裏面に向かって縄が伸びてるデザインなんですけど、裏面は男のケツがプリントされているっていう(笑)

 興津さん:へぇ~!パッと見ふんどし風みたいな?

「お前履いてねぇじゃん!」って感じに一瞬見えるんですよ(笑)あとは、オーディションの日とかは「祝!合格!」ってデカデカと書いてある達磨がプリントされたパンツとか履いて行きますね。

 興津さん:でもそれは誰にも見せないわけでしょ?

見せないですね(笑)

 興津さん:オーディション行って、バッて脱いだりしないもんね(笑)

それで合格できるんなら僕は脱ぎますけどね(笑)

 興津さん:「何か特技とかないの?」ってオーディションで急に聞かれたら、「じゃあこれを!」って(笑)

あー、「パンツをいつでも見せられる」っていう特技を(笑)

一同:(笑)

「転んでも痛くないぜ!達磨だからな!」って感じで。いや、何でもないです(笑)

 興津さん:(笑)

トークCDに引き続いてパンツの話ししすぎたかな(笑)佐藤さんとヨシキはどんな感じだったんですか?

(佐藤さん・中島さんの回答が「こだわりはあまりなく、ほぼ黒色ばかり」と聞いて)

 興津さん古川さん:あぁ~~~~!
 興津さん:それは安全な答えだわ(笑)黒って言っとけば間違いないですもん!
一同:(爆笑)

僕、ヨシキの誕生日にデンマのパンツ贈りましたよ(笑)

一同:(爆笑)
 興津さん:あー。デンマークのね?(笑)

そうです、そうです(笑)デンマークが沢山並んでる柄でした!
まぁでも僕は基本的に赤いパンツが良いですね。ラッキーカラーなので。

 興津さん:僕も赤は履きますよ。

あっほんとですか!

 興津さん:お花柄とか好きです。赤の。

僕もほぼほぼ赤ですよ!赤のボクサーです。

 興津さん:僕もボクサー派ですね。

IMG_0260s.jpg
IMG_0272s.jpg

■本作は「Bar Iberis」というゲイバーが登場しますが、皆様は実際にゲイバーに行かれたことはありますか? ゲイバーに関するエピソードがあれば教えて下さい。!
=======
ヒロト役:中島ヨシキさん
=======

行ったことあります、あります!興味本位で行ったとかではなく、先輩と飲んでた時に二軒目とかで連れて行っていただきました。先輩がその店のママと顔馴染みだったらしくって。当時まだお酒を飲めるようになったばかりで、20歳・21歳くらいの時だったかな?と思うんですけど……。連れて行ってくれた先輩がママに「こいつ幾つだと思う?」って聞いたんですよ、僕のこと。「絶対当たんないからさ!」みたいな(笑)で、そのママも「えぇ~?アタシだって色んなお客さん見てきてるんだから、そういうの一番得意だから!」って当てようとしてくれて「32!」って言われました(笑)

 一同:(爆笑)
 佐藤さん:ママ、節穴!(笑)

先輩が腹抱えて笑いながら「だろ?見えねぇだろ?」って楽しそうにしてました(笑)
普通にご飯もお酒も美味しいお店でしたし、ゲイバーだからって普通とちょっと違うなって思うことはそんなになかったかも……。一応新宿二丁目でしたけどね。

 佐藤さん:ナンパとかされなかった?

いや、全然!当時は今より太ってたし、飾り気もなかったので……。まぁでも逆にその感じが「モテそうよねぇ」って言われたことはありましたね。
でもゲイの方に「モテそう」とかって意味だと、僕より全然佐藤さんの方が……。

 佐藤さん:すぐ言う!(笑)
 一同:(爆笑)

 佐藤さん:もうそれ10年以上言われて来てるから!「お前は絶対モテそうだよな!お前みたいなの大好きだからみんな!」って言われ続けて生きてきたからね(笑)
残念ながら僕はドストレートです。ノンケもノンケだから!

そうですよね(笑)

=======
ショータ役:佐藤拓也さん
=======

僕も20代前半くらいの時に先輩に連れて行かれたことあります。ゲイバーって言うよりスナックの感じに近かった気がしますけど。めちゃくちゃ緊張して行ったら、そこのママが僕の父親と同い年で!

 中島さん:へぇ~!

ベテランママ感がすごかったんですよ。で、最初にお通しで煮物が出てきて。

 中島さん:うわ、いいな!

この方のこの風体で煮物かぁ!って思って食ったら、めちゃめちゃおふくろの味がして(笑)

 中島さん:(笑)

ギャップに脳がやられてしまいましたね(笑)「何でこの煮物こんな美味いんだ!?」って。びっくりして脳が混乱するっていう(笑)

 中島さん:ほんとのママに見えてくるみたいな(笑)

そうそう。作ってんの多分目の前のこの人なのに、味はおふくろの味で。あの時ほど脳が混乱したことはなかったと思います。

 中島さん:ちなみにナンパはされなかったんですか?

ナンパはされなかったねぇ……。トイレにはついてこられたけど。

 中島さん:うん!?ナンパの方がマシじゃん!
 一同:(爆笑)

案内ついでについて来られて鍵閉めてもらえなかったんだよね。「鍵閉めて、鍵!」って(笑)

 中島さん:(笑)

でも逆に開けてくれてて良かったって話だよね(笑)一緒に入って来て鍵閉められたらいよいよ、ね……(笑)

 中島さん:後ろ手にカチャって鍵閉めながら「来ちゃった♡」みたいな(笑)

「ハっ!ここでは大声を出してもカラオケで聞こえない!」ってなるよね(笑)

 中島さん:(爆笑)ゲイバーって大体カラオケフル稼働ですもんね!でも良かったですよ、何事もなく無事帰って来られて。

そうね。翌朝起きてもどこも痛くなかったんで(笑)

 中島さん:そんなBL漫画みたいなことあります!?朝起きて「どこも痛くない!セーフ!」っていう!?(笑)

 一同:(爆笑)


=======
はじめ役:興津和幸さん
=======

行ったことあります!気づいたらゲイバーにいたことあります!

 古川さん:えっ?流れでってことですか……?

気づいたら目の前に真っ赤なお姉さんがいて。

 古川さん:お姉さん……?

「あんたもう帰った方が良いわよ!」って言われました。ベロベロに酔ってたのでそこまでの記憶がなくて。でも帰った方が良いって言われたから、おとなしくキョー〇ツ一杯飲んで帰りました。

 一同:(笑)
 古川さん:堪能されている(笑)どういう流れでそうなったのか気になるところですけど……。

ゲイバーに行き慣れてる人と一緒に飲んでて、その時に連れて行ってくれたんだったと思うけどね。

 古川さん:あー、結構行き慣れてる方って多いらしいですよね。我々の業界には。


=======
まさき役:古川慎さん
=======

僕行ったことないんですよ!

 興津さん:またそんなー!嘘ばっかやわー!
 一同:(笑)

いやいや!ほんとですよ!(笑)


■発売を楽しみにお待ちいただいている皆様へメッセージをお願いいたします。!
=======
ヒロト役:中島ヨシキさん
=======

前作の発売から2年半くらいかな?経ったと思うんですけど、時を経てもう一度演じることが出来て嬉しいです。前回から聞いてくださってる方はもちろんですけど、今回初めて知ったって方も、ぜひ前作も合わせて読んだり聞いたりしてもらえたらなって思います。2カップルのお話しがあるので、1粒で2度美味しく召し上がっていただければ嬉しいです。

=======
ショータ役:佐藤拓也さん
=======

改めまして、今回続編を音声化させていただくことが出来て、本当に嬉しく思っております。ありがとうございます!久しぶりにヨシキくんと、ショータ・ヒロトとして会えて、すごい嬉しくって。

 中島さん:こちらこそです。

前回の楽しさそのままに収録させていただきました。コミックスの帯にもあるんですけど、本当にめくるめくアタミックパークが展開されております!

 中島さん:アタミックパークがね!

ギャグからシリアスまでぎゅっと濃縮されたドラマになっているので、個人的にはぜひ電車の中で聞いて欲しいです(笑)音量調節が大変だと思うので、そのへんのスリルを味わっていただきつつ、通勤や……あとそうですね、就寝のお供にぜひ!

 中島さん:ぐっすり眠れると思うんでね(笑)

そんな「真夜中ラブアライアンスDEEP」です。どうぞよろしくお願いします!

 中島さん:よろしくお願いします!

=======
はじめ役:興津和幸さん
=======

すごく楽しいCDになっているということは間違いないと思うので。

 古川さん:はい(笑)

封入特典のミニドラマ・公式通販特典のトークCDも含めまして、ぜひお楽しみ下さい。パンツについていっぱい語っております!

 古川さん:そうですね(笑)

=======
まさき役:古川慎さん
=======

作品の内容自体はもちろんなんですけど、今回は収録現場の雰囲気からものすごくファニーなものになっておりましたので(笑)

 興津さん:(笑)どんなや!

作品もきっとファニーなものになっていると思います。キャラの声の端々からそんな雰囲気を感じていただければ、より一層この作品を好きになってもらえるんじゃないかと思っておりますので、コミックス・ドラマCD合わせて楽しんでいただけますと幸いです。よろしくお願いします。



~~~~~~~~~~~~~~~
キャストインタビュー全文公開いたしました
終始ハイテンションで挑んで下さった4名様

中島さん&佐藤さん、興津さん&古川さんによる大爆笑必至のトークは、公式通販・Shop Fifth Avenue特典の、
キャストトークCDでもお楽しみいただけます
興津さん・古川さんもお話に挙げてくだっていましたが、パンツのお話が大暴走します(笑)
絶賛ご予約受付中です!!ぜひお早めにご予約をお願い致します!!!!

中島さん&佐藤さん、興津さん&古川さんによるトークCD特典付き!
Shop Fifth Avenueでのご予約はコチラから!!


★特典一覧はコチラ