FC2ブログ

メトロ キャストインタビュー

キャストインタビュー
02 /21 2020
メトロ キャストインタビュー
metro_slider.jpg
IMG_0234s.jpg
IMG_0237s.jpg
【原作】
本郷地下(ホーム社刊)

【価格】
3,800円(税抜) ※本郷地下先生原案・オリジナルエピソード音声化の特典CD付き!

【出演】
白岩水葵:天﨑滉平
黒瀬忍:佐藤拓也

水葵の同級生1:大塚剛央
水葵の同級生2:石井孝英
水葵の母:長谷川暖
担任:粟津貴嗣
アナウンサー:鈴木亜理沙
ガイド音声:北原沙弥香

~~特典情報はコチラ~~


■収録のご感想・共演されたご感想をお願いします!
=======
白岩水葵役:天﨑滉平さん
=======

収録、楽しかったです!!!!

 佐藤さん:元気だ(笑)

(笑)
今日のキャストさんは元々交流のある方が多かったので、ホーム感を感じて、落ち着きながら収録させていただくことが出来ました!
それから個人的に、佐藤さんとの共演を待ち望んでいましたので……(笑)

 佐藤さん:恐縮です!(笑)

待ち望んでっていう言い方はちょっとおかしいかもしれないんですけど(笑)、本当にいつか絶対させていただきたいなと感じていたので、とても嬉しかったです!
佐藤さんがメインで出演されている作品に僕が脇で参加した機会とかがあって、とても勉強させていただいていた存在だったので、今回ご一緒できて、しかもお相手役としてご一緒できて!また力をいただきました。本当に楽しかったです!!

=======
黒瀬忍役:佐藤拓也さん
=======

僕もすごく楽しい収録でした。天﨑くんを始めとする出演キャスト全員が、各々の持てる力を持ち寄って、少しずつ作品が出来上がっていったなというのを、今回特に感じました。
僕が演じた忍さんは心の時間が停止してしまっている人なので、どうやって動かしていけば良いかなと色々悩んだんですが、天﨑くんのお芝居がちょっとずつちょっとずつ彼をこちらの世界に引っ張ってきてくれたので、本当にありがたかったです。

■ご担当キャラクターの印象に残ったシーンや台詞を教えてください!
=======
白岩水葵役:天﨑滉平さん
=======

お母さんとのシーンが印象に残っています。僕は家庭環境に恵まれて育ったと思っているので想像するしか出来ないのですが、たった一人の家族であるお母さんに抑圧される日々っていうのは……でもお母さんにも事情があって……難しいなと思いながら演じていました。家庭っていうのはすごく狭い世界ではあるんだけど、水葵くんにとっては『ここしかない』、帰らざるを得ない世界なんだと思うし、そういう気持ちを内包したお芝居が出来ればと思いつつ収録に臨ませていただきました。
あとは、封入特典のミニドラマに収録されている、原作者の本郷地下先生原案エピソードがあるんですけど、それがお付き合いを始めてからの忍さんと水葵くんのお話で……!今まで素直に出せなかった気持ちをどんどん出すようになった水葵くんがすごくピュアで可愛くて印象に残っています。

=======
黒瀬忍役:佐藤拓也さん
=======

忍さんの初登場シーンはめっちゃくちゃ印象に残っていますね。痴漢のシーンなんですけど……後ろから近づいて「君がよければ、ここを出てどこかへ行きますか。」って水葵くんの耳元に話しかけるところです。

 天﨑さん:あれ、僕もものすごく印象に残ってます!

あそこ、めっちゃくちゃ怖いよね!?(笑)

 一同:(笑)

今回のこの二人はここから寄り添う方向に進んだから良かったですけど、実際に想像してみたら結構パニックになると思うんですよ(笑)

 天﨑さん:確かに(笑)

この台詞は、忍さん自身が自分の感覚をそぎ落として生きてる人なので、初登場シーンだからといって分かりやすく印象的な感じにはしたくないというのがあって、演じ方は色々迷いました。
「こんな子にすべて終わりにして貰えたらいい」という思いがあったにせよ、忍さんが他者と自ら関わろうと思った発火点はどこにあったんだろうと考えると、第一声の芝居はすーーごく難しかったです。

 天﨑さん:そうですよね…。

家でも色々考えて持って来てたんですけど、実際に天﨑くん演じる水葵くんの芝居や声を聞いて出てきたものが、今回ドラマCDに収録されているものなのでぜひ聞いていただきたいです。

■お相手キャラクターの第一印象は如何でしたか?
=======
白岩水葵役:天﨑滉平さん
=======

いや、あの、結構…………怖いなって思いました(笑)

 一同:(笑)

もし現実世界で自分が対峙したらやっぱり、ちょっと(笑)
ただ、発言に底知れなさがずっと付きまとう人だと思うので……、そこに興味を抱く気持ちは分からなくもないなと感じました。何を考えているか分からないからこそ気になるし、惹かれてしまう存在なんだろうと思っています。

=======
黒瀬忍役:佐藤拓也さん
=======

最初は、可愛らしい子だなと思っていて……いや、今もそう思ってるんですけど、可愛いだけじゃなく、強い子だなと思いました。
複雑な家庭環境で、19歳の彼がお母さんと自分だけで構成される家庭を壊れないようにしようと思っているっていうのは、すごいことだなと思います。人一番責任感が強いんだろうなと感じたので、尊敬すらしてしてしまいますよね。
そんな彼が、忍さんと関わるようになって、どんどんピュアで素直な面を出してくるようになるのがまた可愛いので、ぜひ注目していただきたいです。
さっき天﨑くんも言っていた特典ミニドラマのエピソードでは、忍さんと2人でホテルに泊まるんですけど、そのはしゃぎ方が「なんだよ……可愛いな!」ってなりました(笑)

 天﨑さん:(笑)ありがとうございます!

IMG_0230s.jpg
IMG_0240s.jpg

■本作では駅や電車がよく登場していましたが、駅や電車にまつわる思い出やエピソードがありましたら教えてください!
=======
白岩水葵役:天﨑滉平さん
=======

電車に乗るのが苦手です!

 佐藤さん:えっ!?

あ、すいません!電車自体は大丈夫なんですけど、乗り間違いがすごく多くて(笑)

 佐藤さん:あー、なるほど!

上手く乗り換えが出来なくて(笑)東京って地下鉄が入り組んでたりするじゃないですか。

 佐藤さん:確かにちょっと難しいよね。

目的地にたどり着くのに2回乗り継がなきゃいけないことがあった時に、上手く乗り換えが出来なくて、30分くらい同じようなところをぐるぐるしていたことがあったんですよね。

 佐藤さん:!?

「あっ間違えた!」と思って降りて目の前の電車に乗ったら、正しいのは隣のホームの電車だったっていうようなことが、すごく多くて……。ちゃんと考える前に急いで乗ってしまう癖があるみたいで、新幹線とかでもホームの椅子に座って待っている時は、自分の背中側に来るのに乗れば良いって分かってるんですけど、目の前に車両が到着しちゃうと何故か乗らなきゃ!と思って乗っちゃって、真逆の方向に一駅行って……その時は自由席で帰りました(笑)

 佐藤さん:つら!(笑)

そうなんですよ!そういうことが人生で結構多くて(笑)僕にとって電車っていうのは集中していないと間違えるものという印象なんですよね……!

=======
黒瀬忍役:佐藤拓也さん
=======

僕、上京した当時使ってた路線が埼京線で、それで学校通ってたんですけど、埼京線って朝すーげぇ混むんですよ。

 天﨑さん:めっっっちゃ混みますよね……!

やーべぇ混むんですよ、ほんと!各駅停車だと尚更。いわゆる通勤ラッシュというものを、18~19歳の頃の僕は経験したことがなかったんですけど、どんどんどんどん電車が新宿に近づくにつれて人が増えて行くんですよ……。初めての経験だったんですけど、満員電車って本当に片足浮くんですね(笑)

 天﨑さん:浮きますよね……!

あれを初めてくらった時は、正直もう帰りたいと思いました(笑)これを毎日経験するのかって思うと、マジでしんどいってなってたんですけど、人間って何事も慣れるんだなっていうことをここ何年かで感じてます。

 天﨑さん:慣れましたか……!

どんなに混んでいる車両でも上手く体を入り込ませていけば、安全地帯が生まれるんですよね。その時思ったんですよ。

 天﨑さん:はい。

人間の約60%は水分なんだなって。

 一同:(笑)
 天﨑さん:そこで実感しちゃったんですね!(笑)

そうそう、液体だからどうにかなるんだなって(笑)そんなどうでも良いことを考えていました!

■発売を楽しみにお待ちいただいている皆様へメッセージをお願いいたします!
=======
白岩水葵役:天﨑滉平さん
=======

オファーをいただいた時に原作コミックスを読ませていただいたんですが、とっても面白い作品で、僕はぜひ演じたいなと思いました。実際にこうして演じる機会をいただけて、すごく楽しく収録させていただきました!
ぜひとも皆様に聞いていただきたい一本になったと思っているので、一度ならず二度、三度と何度も楽しんでいただけたら嬉しいです。
それこそ電車に乗りながら聞くっていうのも一つの楽しみ方なのかな!?って……(笑)

 一同:(笑)

今ふと思いつきましたので、ぜひ勇気のある皆様はチャレンジしてみて下さい(笑)
色んなシーンで皆様の生活に寄り添える作品になったら良いなと思って演じさせていただいたので、ぜひ発売を楽しみに待っていて下さい!

=======
黒瀬忍役:佐藤拓也さん
=======

僕も出演のお話しをいただいた時に原作コミックスを拝見したんですが、表紙を見た時点で「あ、出たい!」と思ったんですよ。すごく引力のある表紙で、お声をかけていただけて、本当に良かったです。とってもやりがいのある役・そして作品だったので、出演できたことをとても嬉しく思っています。
収録も、水葵くんを演じる天﨑くんが本当に素敵だったので……。

 天﨑さん:わー、ありがとうございます……!

ぜひ色んな方に聞いていただきたいです。決して派手なお話ではないんですけど、ぐいぐい引き込まれる魅力がある作品なので、その魅力を損なわない音声化になっていたら良いなーと思っています。ぜひお楽しみ下さい!


~~~~~~~~~~~~~~~
キャストインタビュー全文公開いたしました
水葵も忍も複雑な事情を抱えるキャラクターなので、
天﨑さん・佐藤さんも色々な気持ちを含んだ深みのあるお芝居で、
挑んでいただきました。
臨場感たっぷりの音声ドラマを目指しておりますので、
ぜひご購入をご検討下さいませ

天﨑さん・佐藤さんのトークは、公式通販・Shop Fifth Avenue特典の、
キャストトークCDでもお楽しみいただけます
ぜひお早めにご予約をお願い致します!!!!

天﨑さん・佐藤さんによるトークCD特典付き!
Shop Fifth Avenueでのご予約はコチラから!!


★特典一覧はコチラ

スポンサーサイト