I 好きなひとほどキャストインタビュー

キャストインタビュー
05 /15 2015
好きほどジャケ小
原作:はらだ (東京漫画社 MARBLEコミックス刊) 

DSCN0154.jpg
飯田役:中澤まさともさん
米田役:鳥海浩輔さん
稲田役:高橋広樹さん
麦田役:Lynnさん
部長役:村上裕哉さん



■収録のご感想をお願いします!
・飯田役……中澤まさともさん
キャストが少人数だったこともあって、さくさくと収録が進み、楽しく演じさせていただく事ができました。
でも、実はちょっと緊張してました(笑)鳥海さんがお相手だったので……。

鳥海さん:あはは(笑)

あと、BLCDで攻め役の経験が少なかったので、そういう点でも緊張していました(笑)
でも、そこは逆に鳥海さんがお相手だからこそ、助けていただきながら演じきることができました。


・米田役……鳥海浩輔さん
差し入れでいただいたチョコレートが美味しかったです(笑)

中澤さん:あ、まだいただいていない…(笑)!

というのは冗談ですが、こういったBL作品は女性キャラクターがメインとしていることが少ないと思うのですが、「好きなひとほど」では結構たくさんのシーンで女性キャラクターが喋っていましたし、そういった意味でも色とりどりのキャラクターたちがいるので、楽しい収録でした。


・稲田役……高橋広樹さん
1人2役やったような気分になりました。

一同:(笑)

二重人格ではないけど、シーンによって雰囲気が違うキャラクターを演じるときって、どこか余韻を残すことが多いんですけれども、今回はガラっと変えましたので、倍働いたような気がしました(笑)
更に、今回白と黒のチェック柄のシャツを着ている人が2人いまして、更に鳥海さんの靴の柄がトリックアート的な目がチカチカするデザインだったため、映像に合わせてアテレコしていたわけではないのに、目が疲れました(笑)

一同:(笑)

キャストインタビュー第2弾公開!
DSCN0158.jpg


■このCDの聴きどころ・オススメポイント・力を入れて演じた点を教えて下さい!
・中澤まさともさん
米田にひどく虐げられているところから、だんだん気持ちの余裕が出来て、逆転していくところが演じていて楽しかったです。
特に、米田に写真を見せるところは変化を感じていただけるように、温度をすごく下げて演じましたので、そこを聴きどころだと思っていただけたら嬉しいです。


・鳥海浩輔さん
飯田・米田・稲田の3人のキャラクターそれぞれに二面性があるところが面白いので、聴きどころなのではないかと思いました。
稲さんはわかりやすいところで二面性がありますが、飯も米も立ち位置だけではなくて、冒頭では見えていなかった内面が出てきて、ガラッと雰囲気が変わるので、そういった変化が楽しめるのではないかなと思います。

中澤さん:『本来の自分』みたいなものが、キャラクターそれぞれ徐々に出てくるかんじでしたよね。

最後の方は、僕の演じる米田はデレッデレでしたしね(笑)

中澤さん:しかも基本的に酔ってることが多かったですよね(笑)

1/3くらい酔っぱらってましたからね(笑)


・高橋広樹さん
飯田・米田・稲田に続く、第4の『田』である麦田さんの存在が本当に健気で、聴いていて切ない気持ちになりました。
麦田さんのような立ち位置の人が出てくる作品が僕は大好きなんです。
BLだと、麦田さんのような立ち位置のキャラクターが男性になることもあると思いますが、今回、女性であるが故にいよいよ叶わぬ恋というかんじがして、BLに出てくる女性だけど、だからこそリスナーの女性の皆様も感情移入がしやすいのではないかなと思いました。
力を入れて演じた点は、女であるときと男になったとき、女のときの方が大変なのではないかと感じられると思いますが、意外と男の方が大変でしたので、頑張りました。なぜ男の方が大変だったかというと、言葉遣いはお姉のままで、男になってくれという発注がありましたので、どの塩梅でキープすればいいのかを気をつけながら、演じました。

鳥海さん:だんだん濃くなってたよね(笑)

しょうがないんですよ。ドスのきいた男声で「だわよ」とかそういう口調でしたからね(笑)その辺りは何も考えずに受けれていただけたら嬉しいです。


■ファンの方へのメッセージ
・中澤まさともさん
「好きなひとほど」のキャラクターたちは、例えば米田でしたら、一見怖そうな人なんだけど、その裏側にトラウマを持っていたりとか、飯田も叱られてオドオドしてそうに見えるけど、実はしたたかだったりとか、麦田も恋愛感情を隠している部分とか、稲田はすごくわかりやすいところで、表裏みたいなものをそれぞれ持っています。
それがだんだん見えてきて、キャラクター達が愛しくなってくるのがこの作品の魅力なのかなと思います。ぜひお聴きいただけると嬉しいです。


・鳥海浩輔さん
原作を読んでいらっしゃる方も、まだ読んでない!という方も楽しめるCDになっていると思います。
登場人物自体は多くはないんですけれども、それぞれの人間模様だったり、『業』みたいなものを楽しんでいただければ幸いです。
さようなら!

一同:(笑)


・高橋広樹さん
私の演じた役はこの作品の中でいえば、悪役なんですけれども、おそらくそんなに嫌なかんじのする悪役ではないんじゃないかな?と僕は感じました。…米田にとっては嫌な思い出だとは思うんですけどね(笑)
また、作品全体も麦田は切ないんだけど、可愛らしくて愛せるし、主役2人も本当に愛故の心動きも楽しめ、聴いていて嫌な気持ちのしない、幸せになれるCDだと思いますので、発売を楽しみに待っていてください!


~~~~~~
和気藹々とした収録現場でした~!
個性的なキャラクターが集う中、やはり気になるのは稲田役の高橋広樹さん!
1人2役の豹変っぷりは、ぜひ本編でお確かめくださいね♪

こちらのインタビュー+αの内容を東京漫画社様発行Cab Vol.38へ掲載予定!
要チェック!



ちなみに……鳥海浩輔さんが美味しかったとおっしゃっていた差し入れをツイッターにアップしております~!
https://twitter.com/fifthavenue_net/status/596669128758284289


CDお求めは下記取扱店よりどうぞ!
~~~~~~~~~~
■フィフスアベニュー通信販売(特典:キャストトークCD)
■中央書店コミコミスタジオ(特典:はらだ先生描き下ろしペーパー)
■ホーリンラブブックス(特典:はらだ先生イラストシール)
■Amazon(特典なし)


WEBCM公開中!!
スポンサーサイト