I うちの妻って~キャストインタビュー

キャストインタビュー
05 /27 2015
ドラマCD『うちの妻ってどうでしょう?』
収録終了後インタビュー


DSC02505.jpg
写真上段左から浅沼晋太郎さん、斎藤寛仁さん、村瀬歩さん、諏訪彩花さん
下段左から下野紘さん、今井麻美さん

僕役:下野紘さん
妻役:今井麻美さん
K澤役:浅沼晋太郎さん
担当編集K澤さん


−−−お疲れ様でした。まずは収録が終わったわけですが、終えられた感想を下野紘さんからいただけますか?

下野紘さん(以下:下野):口が乾きました(笑)。
今井麻美さん(以下:今井):いっぱい喋ったねえ。
下野:ほかにも……もちろん「妻」もいましたし、K澤さんやいろんな方が登場しますが、延々僕ひとりがずっと喋っていた感じがします。 噛んだりすると大変申し訳なくて……。「ごめんなさい、ごめんなさい」と思いながらやらせていただきました。
 最初原作を拝見したときは、自分の中で「僕」が「すごく怒る」というイメージがなかったんです。でも、すぐにイラッとするシーンが出てきて、「あれ、自分が思っている人物像と違うのかな」という戸惑いましたが、やっていくうちに「こんな感じかな」と出来上がった気がします。「妻」は今井さんが、大変可愛らしく演じてくれています。
今井:本物の福満先生の奥様にやってほしかった……いや、違うぞそれは、自分演じられないじゃん!
一同:(笑)。
今井:本物の「妻」の声が聞きたいです、私!
下野:とにかく、今井さんとの連携プレーだと思いながら、頑張ってやらせていただきました。

−−−今井さんはいかがですか?

今井:原作が本当に好きだったんですよ! 福満先生は、人間の本来隠したい部分みたいなところを全部赤裸々に描かれるじゃないですか。そういう部分って、私が初めてこの本と出会ったときに、すごく衝撃だったんですね。「ここまで垂れ流しにしていいのか!」って。
 もちろん、エンターテイメントの世界ですからいろいろと盛り上げて描いたり、わざと落としているところもあるんだろうと想像していたんですけれど。そんな中で、私の中でひまわりのような存在の「妻」。「こんな「妻」に恋したい!」って本当に思ったくらい、好きで! 
その役を「やっていただけませんか」というお話をいただいたときに、ちょっと20秒くらい沈黙してしまったんですよね(笑)。好きすぎて。
 自分が想像している「妻」と、読者さんと、リアルに「妻」を知っている人の間に、私がやることで溝が生まれるんじゃないかなって思ったんですけれど、本当にありがたいことに、リアルのK澤さんに「声がちょっと似ている」と言っていただけたんですよね。それだけで、本当に、急に気分が軽くなりました(笑)。なので、今終わって、すごくほっとしているところです。

−−−浅沼さんお願いします。

浅沼晋太郎さん(以下:浅沼):今回の話をいただいたとき、エッセイマンガって聞いていたんです。けれど、読むとエッセイよりも、「うわ、こんな細かいことまで描いている」ということがいっぱいあったので、なんか、日記を見ている感覚でしたね(笑)。その赤裸々さも含め、人の日記を読んじゃった、みたいな感じがすごく新鮮でした。
 僕も登場人物たちに会いたいな、と思ったんですけれど、まさか自分が演じるK澤さんにこんなに早くお会いできるとは(笑)。
今井:羨ましいよー。
浅沼:K澤さんがやったらいいじゃないか、って言いそうになっちゃった(笑)。そのままやったらいいじゃないか、と思ったんです。僕は、近所のおじいちゃんという兼ね役もあったので(笑)、「僕は全然大丈夫ですよ、それでも」と思ったんですけれど、本当に光栄でした。ありがとうございました。
今井:マンガで読んでいたK澤さんとお会いしたK澤さんが、まんまだったので(笑)。
一同:(笑)。
今井:ほかの方も似ていらっしゃるんだろうな、特徴をつかんでいらっしゃるんだろうな、ってすごく思いました。

−−−せっかくなので、収録に立ち会われた担当編集のK澤さんにも感想をうかがおうと思いますが、いかがでしたでしょうか。

担当編集K澤さん(以下:K澤):やっぱりプロの方々はすごいなと驚かされたというのが第一ですね。福満さんの役を演じられた下野さんも、奥さんと話すときは割と普通に喋ったりしたり、テンションが高くなったりするんですけれど、そうじゃない、外で電話で話したり初めての編集者と話したりするときのおどおどした感じっていうのを、すごくよく再現してくださって。
下野:多分、どこかで似たようなところがあるんですよ。
今井:そうなのかな。
下野:だと思います。
K澤:今でこそだいぶ変わってきたと思いますけれど、福満先生は、最初にお会いした当初、ほとんど初対面の方と喋れない。
 マンガの単行本を最初に出したときに、打ち合わせのためにデザイナーさんのところへ福満さんと一緒に行ったことがあるんですけれど、最初に別の場所で待ち合わせをして、デザイン事務所に行くまで緊張して福満さんは一言も喋らないんですよ。ずっとまったく喋れないまま打ち合わせに行って。で、表紙のアイデアとか、いろんな話をするんですけれど、そのときもほとんど喋らないんですよ。話を振られても「……はい」ぐらいしか言わなくて(笑)。どうにかそういう緊張感がある打ち合わせをなんとか終えたあと、その事務所から出た途端に一気にベラベラベラって喋り初めたりとか。
 そういう感じの、人との距離の取り方っていうのがすごく特殊な感じの方なんですね。
私もお付き合いはありますけれど、奥さんとか慣れている人に関しては、結構、ちょっとグッと近寄る(笑)。
一同:(笑)。
K澤:とくに、歳下……年齢を気にしていて、自分より歳下の人間に対しては……。
今井:私1つ下だからダメだ、って思って(笑)。
浅沼:良かった、俺1つ上で。
下野:俺、絶対ダメだ~!
一同:(爆笑)。
今井:「違うよ」とか言われるよ。描かれちゃうかもよ。
K澤:その福満さんの感じを、すごくよくやっていただいて、ありがとうございます(笑)。
下野:いえいえ。

−−−今井さんの妻はどうでしたか?

K澤:自分奥さんには私も何度かお会いしたことがあって、声が高くてキレイな方なんですよ。その喋り方がすごく似ていらっしゃっていて。そっくりだな、と思いました。
今井:うれしいです! 良かった!! 本当に良かった!!!
浅沼:奥さんは社交的なんですか?
K澤:奥さんは、ものすごく良くできた方です。初対面の人との事務的なやり取りとかそういうのが、すごく常識的でしっかりしている方で。福満さんがそういうのがまったくできないぶん、全部奥さんがやってくださっている。
今井:うまく回っているんだね、世界は。
K澤:でも、それは対外的な面なので、家庭内での奥さんがどういうふうな感じなのかは、自分にもちょっとわからないんですけれど、多分それはマンガに描いてある通りなんだろうな、と(笑)。
今井:私、このマンガを友だちから薦められたときに、私は「妻」と自分は違うと思ったんですけれど「ちょっと今井さんに似てる」って言われて(笑)。どの部分を取って言ったのかは未だにわからないんですけれど。あの可愛い部分では決してないんだろうな、ということはぼんやりわかっていて。多分、まくしたててう「わーっ」て文句を言ったりするときが、似てるのかにゃ、って思って(笑)。
浅沼:飴はかじりますか?
今井:飴はすぐかじっちゃう!しかも龍角散持ってるし!!自転車乗れないし!!!(笑)。
下野:じゃあ、なるべくしてなった、みたいな。
今井:福満さんみたいなステキな旦那さまに出会えていたら、私も妻みたいに……。
下野:赤裸々に描かれるよ。
今井:それは問題だね! 私は多分妻ほど出来た人間じゃないんで、もっと怒ると思う。
K澤:描かれるのは、私自身も結構描かれているので。だんだん慣れてはくるんですけれど、やっぱり悪く描かれているようなことがあると、そして悪く描いたマンガを見た福満さんのファンの方がネットにさらに私の悪口を描く、みたいな(笑)。
今井:うわー。
K澤:「これはこういう意図で、楽しませるために描くので許してくださいね」と先に福満さんはおっしゃるので、わかってはいるんですけれど、それでも正直ムカつくことも(笑)。
一同:(笑)。
K澤:それが私でもそうなので、奥さんはそれを日常的にやられているので、なかなかのストレスだろうな、とは思います。
今井:でも旦那の仕事のため、っていうのはありますもんね。
K澤:そうですね。

−−−K澤さん、ご本人を演じていただいた浅沼さんについてはいかがでしたか?

浅沼:この状況、不思議な感じですね(笑)。
K澤:(笑)
今井:その笑い方!
下野:やっぱりしますね!
今井:うん!
下野:「イヒ」って出てますね~(笑)。
K澤:それはともかく、本当に、私なんかを演じていただいて、ありがとうございます。
浅沼:とんでもないです。
K澤:演じるような価値があるような存在ではなかったんですけれど……。
浅沼:何をおっしゃる!
K澤:福満さんのマンガの中で、自分は基本的には悪役ですので、ふてぶてしい嫌な感じを意識して出していただいたのが、すごくありがたいな、といふうに(笑)。
今井:あ、今もだ「イヒ」(笑)! 
K澤:いやあの………………………………。
下野:自分ですもんね(笑)。
浅沼:そうですよね、言いづらいですよね。

−−−無茶な質問をすみません(笑)。下野さんはセリフがたくさんあって大変だったかと思いますが、ほかにこの収録で聴かせどころというか、大変だったところは。

浅沼:いやもう、それはあれでしょう。
下野:いろんな意味で本当に大変だったのは、「膝でチンコをガード」です……。
浅沼:あんなに喋れなくなっている下野くんなんて初めてみた。
下野:たとえ噛んでも喋るっていうことはできるはずなんですけどね。もう言い出したら僕絶対笑う、って思って。いや、こういう感じは声優人生の中でそう多くはないんですよ。多分2、3回目だと思うんです。
浅沼:かといって、僕らが「チンコ」って言ったことがないかと言うと、そんなことはないんですよ。
下野:ないんですよ。
浅沼:結局、今までいかに勢いで「チンコ」と言っていたか、っていう。
下野:そう。ノリで言うのは全然平気なんですよ。
浅沼:ツッコミとかね。
下野:なんなら、今ここで言ったって全然平気なんです。フリートークだったら全然連呼できるくらいなんですけど、なぜかあの緊迫する淡々とした喋りの中で「膝でチンコをガードした」っていうのが……。
浅沼:なんか、自分にとって新しい何かだったんだよね。
下野:その前の段階で、「チンコを蹴られたら痛いので、チンコをガードした」というセリフを言っている間に、僕の脳みそが無意識下で「何言ってんの?」って、ふと一瞬よぎったんですよ(笑)。
浅沼:もうひとりの下野紘が。
下野:もうひとりの自分が。その瞬間に「ほんとだ、俺、何言ってんだろう」って思って……。
いやいや、これは書いてあるセリフ。セリフです。これはセリフ。俺はいける、いけるよ。「膝でチンコを……」……う、ダメだこれは! って。
浅沼:周りもそうだったもん。
今井:でもあの話はめちゃめちゃ人気のある話だから、やっぱり福満先生は「巧いな」って思うよね。そこに演じている方も引っかかってるってことだもんね。
下野:もう、アウトでしたね。
今井:すごい面白かった!
下野:あとは、原作を読んだ印象からすると芝居の間とか、セリフのテンポをどうやっていけばいいのかな、とか。そういうふうなことを考えながらやっていましたね。それも大変でした。でも「膝でチンコをガードした」は本当に大変でした!
今井:活字にしにくい(笑)。


−−−今井さんはいかがでしたか?

今井:リアルK澤さんに「似てますね」と言っていただいてからは、もう本当に楽しかったので、何やっても楽しかったです(笑)。重荷を降ろせた感じがして。
 マンガの中では妻がよく奇声を、擬音だったり棒線とかで「キキキキ」っていうのを表現しているのを、今回改めて音声にしたときに、「そこは別録りのパターンをもっといっぱい言っておいてください」とか、「罵声をもっとたくさん間に入れておいてください」とか指示をいただいたりしたので、そこも気持ちよくスッキリやらせていただきました。
 この完成版を福満先生の奥さんがお聞きになった時に「そこまでじゃない! 違う!」って、布団にバサッと倒れこんだりしたらどうしよう? っていうのはふと脳裏を過ぎったりはしましたけれども(笑)。ストレス発散のごとくやらせていただいて、とても楽しかったです。
K澤:そういうことをやる可能性はあるかも……。
今井:ですよねー。

−−−浅沼さんはどうですか? 「イヒ〜」の表現はどうでした? いろいろとやっていただきましたが。

浅沼:僕としてはご本人を目の前にしているので(笑)、あんまりデフォルメするのも、なんかやりづらいところもあったんですけれど。音響監督からもう少しリアル寄りじゃない方に、と言われたのでそうしたんですけれど。やっぱり、ご本人を目の前にして、というのはなかなかあることじゃないので。
今井:ないよね。
浅沼:モノマネ芸人でも、ご本人が後ろから登場したらびっくりするじゃないですか。
今井:「ご本人いますよ~」みたいな。
浅沼:まさに「ご本人いますよ」から、演じたわけですから。でも、今までにない経験だったので、すごく楽しませていただきました。
下野:福満先生にも、この現場に来ていただきたかったけど、来ていただかなくと……っていうなんとも言えない感じです(笑)。
浅沼:そうなんですなんとも言えない感じですよね。

−−−K澤さんは収録に立ち会われたご感想はいかがですか?

K澤:めちゃくちゃ面白かったです。マンガでいただいた絵が、みなさんの芝居から全部浮かびました。セリフで。よくここまでやっていただいて。……割とふざけているのか本気なのかわからないような表現とかもすごく良かったです。
 あと、長ゼリフとかモノローグですね。福満さんのマンガ自体、通常4ページの連載なんですけれど、普通に「漫画アクション」でやっている20ページとかのストーリーマンガよりも全然セリフが多いんですよ(笑)。その情報量をずわっと再現していただいたのが良かったですよ。それは脚本段階からそのように書いていただいていて、非常にありがたかったです。すごく楽しませていただきました。

−−−ありがとうございました。最後に、CDを楽しみにしている方に一言ずつメッセージをいただければと思います。では浅沼さんからお願いたします。

浅沼:演じているのもそうだし、演じられているのを聴いていても、本当にご本人たちにお会いしたいなという気持ちがすごく大きくなったので、ぜひ応援していただいて、続編、続々編、ということで、少しでも僕らに先生たちにお会いするチャンスを作っていただけたら、すごくうれしいです(笑)。よろしくお願いします。ありがとうございました。

−−−今井さんお願いします。

今井:続編実現のあかつきには、収録スタジオをもっと福満先生のご自宅に近いところで録りたいですね(笑)。
 数年前から好きで読んでいたマンガのキャラクターを演じさせていただけることって、そういう機会はなかなか多いものではない上に、最初に「『うちの妻』がドラマCD化するんだって」と聞いて「えーっ!」って思って、「その妻です」って言われて「えーっ!! !! !! !!」という、二度びっくりなところからだったので(笑)。今回ファンの方にも受け入れていただけるとうれしいな、と思います。
 あと、もしK澤さんにお会いできたらおうかがいしたいと思っていたことがあるんですけれど、ついにお会いできたから聞いちゃおうかなって思います。誰の声優さんのファンだったんですか?
K澤:私が、ですか?
今井:はい。
K澤:あ、マンガの中で、ですね。声優さんのCDを持って、みたいな話ですね。よく読んでいらっしゃいますね(笑)。
下野:このタイミングで聞くの? もっとライトなところで聞くべきじゃない?
今井:読者の方も気になってると思うんです!
K澤:……坂本真綾さんです。
一同:(笑)
今井:なるほど! ここではっきりしたので、非常にスッキリいたしました(笑)。
 フィナーレを迎えた『うちの妻』の原作ですが、連載が再開して、もっといろんなエピソードや社会に対する不満なんかもバシバシぶつけていただいて、それに共感していきたいなと思っておりますので、今回のドラマCDも何かその力になれたらうれしいな、と思っております。これからもよろしくお願いいたします。

−−−では、最後に下野さん締めていただければと思います。

下野:僕自身は、マンガを読んだのはドラマCDの台本を読んでからですが、やっぱり原作があるとより面白く見られると思うので、このドラマCDを聴いてまだ原作読んだことがないという方は是非とも読んでいただきたいな、と思います。いろんなエピソードがありますし、このドラマCDと照らし合わせて読んでいただけたらありがたいと。
 あと台本をチェックしているときにふと思ったんですが。僕が勝手に思ったことですなんですけど、ショートアニメ向けの作品だな、と思いました。それこそ、10分枠で3本ずつ、みたいな。テレビアニメになったらいいな、なんて野望を抱きました(笑)。ドラマCDとでキャストも変わらず、やれたらいいなと思っておりますので、これを聴いて気に入っていただけたら、原作を応援していただきつつ、またドラマCDをやる機会があったらいいな、と思います。
 僕も全力で、また「膝でチンコをガードした」っていうセリフがあったとしても! アニメ化の場合はそこを軽く伏せればいいんですよ。チン●って!
今井:でも最近そういうアニメ少ないから、みんな求めてる可能性大きいよね。
下野:僕、頑張って言いますから! なので、ぜひともまた我々に先生に会う機会とか、いろんな野望が含まれている『うちの妻ってどうでしょう?』。
お友だちとかにも薦めていただけたらうれしいな、と思っております。応援のほど、よろしくお願いします。

−−−どうもありがとうございました。

収録当日のおまけエピソード公開!

※コメントをいただく前にこんなやりとりもありました

今井:すごく美人の奥さんがいらっしゃるですよK澤さん。あと、ロシアの話は本当なんですか? やばいよ~。
下野:ロシアの話?
K澤:すみません、私の初体験の話ですね……。それは、ロシア……じゃなくてドイツに行って、ドイツで初体験……。
今井:ロシア人の女性と!
K澤:ドイツ人の男性と現地で仲良くなって、売春宿に連れていかれて、そういうロシア人の女性と初体験をした後、「じゃあこれから本番だ」っていう形で、そのドイツの男性が……。
自分の体が、もともとそのドイツの男性の目当てだったんです。だから自分が性関係を持つために、そういう話を持っていったと。
今井:すごいでしょ!!
K澤:ドイツ人のホモにやられそうになった、という……。
今井:やられそうになったとは描いてなかったですよ(笑)。
浅沼:新しい情報が!!
K澤:ざっくりとは、そんな感じです。
下野:K澤さん、今おいくつなんですか?
K澤:3×です。
下野:先生は?
K澤:福満さんは3×ですね。自分よりふたつ上なので。今日は本当はお連れしたかったんですけれど、実は私自体、2年ほどお会いしてないですよ。
一同:ええっ!
K澤:原作では触れていませんね。もちろん電話とメールでやり取りをしているので、しょっちゅう話はしているんですけれど……。さすがに「お会いしましょうよ」って言ったら、「いやいや講談社の編集さんは怖いので呼び出されたりしますけれど、K澤さんは別にいいじゃないですか」って(笑)。
 もともと、マンガにもエピソードがありましたけれど、本当に、ひとりで電車に乗るのも割と勇気がいるような感じの人なので。
 一度、TBSラジオに私と福 満さんとふたりで出させていただいたことがあって、それが赤坂で。赤坂で待ち合わせをしても絶対福満さんは来られないということがわかっていたので、「とりあえず四ツ谷で待ち合わせをしましょう」と。中央線で立川から一本で来られますのでそこから地下鉄に乗って行きましょう、みたいな話をしたんです。でも「四ツ谷も降りたことがないから行けません」と言われたので、「じゃあ、新宿の東口交番前で一度待ち合わせたことがありましたよね」という話をして、そこで一回待ち合わせしてからもう一度電車に乗って行った、みたいな。そういう感じの方で(笑)。
今井:本当に妻がいて良かったですよね……。
K澤:そう思います。
下野:どうやって出会ったのかな。
今井:なんかね、ナンパみたいな感じ(笑)。全部赤裸々に描いてあったよ。
K澤:『僕の小規模な失敗』という作品を読めば、奥さんとの馴れ初めが全部描いてありますね。
今井:その頃はすごくヤンキー。
K澤:福満さんはすごくヤンキー呼ばわりしていますけれど、実際は違うんですと思いますよ(笑)。
今井:あ、そうなんですね!
下野:まあ、雰囲気的にはっていう。福満先生の中でのイメージなんですね。
今井:先生のフィルターが相当入っていますよね。あれは。
K澤:そうですね。
下野:髪の色が金髪だったから=ヤンキーっていう。多分そういうことでしょう。
今井:面白いね! 
K澤:あと、これは機会があったら言おうと思ってたんですけれど『うちの妻ってどうでしょう?』のタイトルの話。あれ、私が勝手に決めたみたいな感じで……。
今井:描いてありますよね。
K澤:あれは事実ではなくてですね(笑)。
今井:やっぱり!(笑) そういうの、いっぱいあるんだろうなあ。
K澤:タイトルに関しては、私と福満さんで複数案を出し合って、その中から5つくらいに絞って、「この中ではどれもいいです」というふうに私と福満さんで合意した上で編集長に提出して、編集長に「じゃあこれにしなよ」と言われたのが、『うちの妻ってどうでしょう?』。
今井:すっごい省略化されてますね(笑)。
K澤:一応、その案を出したのは私なんですが、福満さんがその中のどれでもいい、って言った中のひとつなんですよ。なんですけれど、実際に決まってそのことを言うと、「確かいいって言いましたけれど、あの中では一番嫌なやつだったんです」みたいに言われて(笑)。
で、マンガであの言われよう、みたいな。
今井:すごいよね(笑)。私も、超怖かったんだって! 今日、本当に怖かったんだって!「福満先生に何て描かれるんだろう?」と思って。もう、ビクビクしてた。

−−−じゃあ、逆に先生がいらっしゃらなくてちょっと安心した、っていうような?

今井:何か、複雑でしたね。本当にお会いしたかったし、できればご夫婦で来ていただきたかったし。で、ちょっとお話してから……それこそ、どんな喋り方なのかな、というのを知った上でやりたいなと思ったんですけれど。本当に、複雑な気持ちのまま。「いらっしゃらないのか。……でも、ちょっとホッとする」みたいな(笑)。
K澤:あと奥さんは、実家が割と地元で有名なレストランの娘さんで。それで、料理が達者なのはそういうところがあるみたいなんです。
今井:そうか、ヤンキーじゃないのか~

~~~~~~~
非常に和気藹々とした収録現場でした!
キャラクターが実在する人物であり、それが著者の福満先生ご自身・奥様・担当編集のK澤さんということで、各キャストを通じて皆さんの本人像やリアルな日常が見えてきましたでしょうか?

初回生産版には特典として、CDとは別にブックレット同梱しており、その中では、福満先生ゆかりの方々3名のロングインタビューも掲載されています!
(某少年誌で連載していた同い年の漫画家さん、『うちの妻ってどうでしょう?』担当編集K澤さん、『僕の小規模な生活』担当編集Tさんの3名、※取材当時)
今回のインタビューで興味が湧いた!という方は、ぜひお早めにご予約いただき、初回生産版をGETしてくださいね♪

~~~~~~~
フィフスアベニュー通信販売にて、「うちの妻ってどうでしょう?」をご購入の際、備考欄に「サイン色紙希望」とご記入いただいた方の中から1名様に、キャスト全員の寄せ書きサイン色紙をプレゼントいたします!!
応募〆切は、6月15日です♪

超豪華な色紙ゲットのチャンス!ぜひぜひご応募下さいませ!
(ご注文を先に行ってしまった場合は、オーダーナンバーとお名前を添えて、【order@e-fifth.net】までご連絡下さい)

~~~~~~~
試聴用動画配信中!



~~~~~~~
~特典CD付き販売店~ (特典:キャストトーク&サントラCD)
・フィフスアベニュー通信販売
・Amazon


~その他取扱い店舗~
•Neowing(ゆうメール送料無料)
•e-hon(書店で受け取れば送料無料)
•セブンネットショッピング(セブンイレブンで受け取れば送料無料)
スポンサーサイト