K パパ’s アサシン。収録レポート

小話
12 /30 2015
2016年2月12日発売
「パパ’s アサシン。~龍之介は飛んでゆく。~」
収録レポート!!


パパ’s アサシン。~龍之介は飛んでゆく。~
ダニエル:川原慶久
龍之介:古川慎
ヴィス:竹内良太
ゴン:田丸篤志
シャーロット:濱野大輝
ホームレス:中澤まさとも
アヤ:日野まり
ダニエルの母:高(*)梨愛

(*こちらのページでは常用漢字を使用させていただきます)
涼子:石井ゆかり
アサコ:佐藤はな


~~~~~~

クリスマスムードが漂う冬の都内某日、「パパ’s アサシン。~龍之介は飛んでゆく。~」の収録は行われました。

スタッフがコンビニで買い物をしていたところ、最初にお見えになったのは、ダニエルの元妻、アサコや龍之介の幼少時代を演じていただきました、佐藤はなさんでした。
その次にお見えになったのは龍之介役の古川慎さん。ロビーで休憩しながら開始時間を待っていらっしゃいました。
続いて、ダニエルの母などを演じていただきました高梨愛さん、涼子・龍之介の学校の先生などを演じていただきました石井ゆかりさん、アーヤンを演じていただきました日野まりさんがお越しになられました。
次に、ゴン役の田丸篤志さん、ホームレス役の中澤まさともさんがお越しになり、ダニエル役の川原慶久さん、ヴィス役の竹内良太さん、シャーロット役の濱野大輝さんと低い素敵なお声の御三方も見え、出演の皆様が揃いました!


そして、原作のSHOOWA先生が大洋図書編集担当様とお見えになりスタートの時間まで、監督を含め、和気藹々とお話をされておりました。
収録スタートの時間となり、SHOOWA先生より出演者の皆様へご挨拶いただいた際、出演者の皆様へ素敵なプレゼントが!


喉に優しい龍角散トローチと昆布ゼリー!!

出演者の皆様、喜んでいらっしゃいました!
そんなこんなで収録スタート!


スタジオ内では左から、中澤まさともさん、石井ゆかりさん、佐藤はなさん、竹内良太さん、古川慎さん、川原慶久さん、田丸篤志さん、日野まりさん、高梨愛さん、濱野大輝さんの順に着席しておられました。

写真 2015-12-13 19 03 45

まず最初に、今作は主要人物が外国人の設定のため、外国人風の喋り方をした方がいいかを川原慶久さんからご質問いただきました。
どういう方向性で進めるかを監督、先生と話し合っている最中、返答を待っていらっしゃるブース内で川原慶久さんが「ダニエルです」というのを外国人風に美声でおっしゃっていて、ブース内には笑いが起こっておりました。
そのお声を聴いて、古川慎さん、竹内良太さんも川原慶久さんのマネをして美声で「ダニエルです」「ダニエルです」とおっしゃっていたりと、とても楽しそうなブース内でした。
話し合いの結果、基本的には皆さん普通の日本人風で、感情が表に出る場面で時々外国人風のテンションが出てくるようにするということでまとまりました。


龍之介がダニエルの母と会話する場面では、最初の挨拶だけ「ボンジュール」とフランス語を使います
その際、フランス語が堪能な高梨愛さんにご指導いただきつつ、発音を覚える古川慎さん。
何度か練習して、素敵な「ボンジュール」を発音していただきましたので、ぜひお楽しみに!


龍之介の学校の友達、ゴンとアーヤンの登場シーンも印象的でした。
テストでは、やや学生らしい元気さを保ちつつ、田丸篤志さん・日野まりさんが演じて下さいましたが、もっとサバサバドライに、てきとーかつ冷めたかんじでとSHOOWA先生にご指導いただき、本番演じていただいたところ、見事にイラストのイメージとぴったりなゴンとアーヤンが誕生いたしました!!
なんともいえない3人のやりとりも必聴です。

写真 2015-12-13 19 02 23
(川原さんが主に入っていらっしゃったマイクです。奥にはSHOOWA先生と大洋図書様からの差し入れが)


((休憩中も皆さんブースの外で仲良くお話されていらっしゃいました!
古川慎さんと田丸篤志さんがロビーのソファーでお話されていたり、川原慶久さんと中澤まさともさんが漫画のお話をされていたり、女性陣のお話の中では某狩りゲームのことなども。
和気藹々とした現場でした!))


ダニエルも龍之介の部屋を掃除していた時に、ゲイ雑誌を発見してしまった際「puor quoi? ナゼココニゲイ雑誌?」という言うセリフがありました。
このセリフは驚きのあまり思わず口にしてしまった雰囲気を出すために、あえて日本語部分もカタコトに演じていただくという指示がありました。
また、この指示を受けた川原慶久さんはお返事の際、カタコトを演出するためか「Oh! Yes!」と英語で返事していらっしゃいました!(笑)


竹内良太さん演じるヴィスはお話の後半からの登場だったため、前半には兼ね役でダニエルの妄想の中に登場する「SMオッサン」を演じていただきました。
このSMオッサンが「ダイジョウブキモチイイヨ!」とテストで喋った時点でブース・調整室共に大爆笑!
とっても面白いダニエルの妄想となっておりますので、乞うご期待下さい~!


龍之介が公園で泣くシーンで登場するホームレスは中澤まさともさん!
出会いのシーンの龍之介とホームレスの掛け合いも調整室では原作のSHOOWA先生とスタッフ陣は既に爆笑でしたが、次の登場シーンで歌いながら登場するところがあり、更に大爆笑でした。


そして、ヴィスの「……君、すごいキュートだよ。とっても」という素敵な台詞の後、ヴィスと龍之介のシーンになります。
ここで、川原慶久さんが我々はこのシーンだけ抜けておりまーす!とおっしゃり、ぽつぽつと退席され、中澤まさともさん達が残り、収録が続けられました。


また、現場で台本が修正になったシーンがありました。
ダニエルが怪しげな英語を喋る相手(こちらも高梨愛さん!英語も堪能!)と電話で話している際ダニエルは日本語で話すのですが、完全に英語を話している相手との会話のリアクションとして少し違和感があるような…?と川原慶久さんより意見があり、ダニエルの返答にも英語を少し足すことになりました!
「Hellow. This is Daniel.」という英語が加わり、よりシーンに怪しい雰囲気が加わりました。
川原慶久さんの英語もとても素敵でしたよ!


最後にガヤの収録を行いました。
高校の雰囲気を録ったのですが、今作にはとても低めで素敵なお声の方が多いので、スタッフがこれまで聴いてきた高校のガヤの中で一番アダルトな雰囲気の高校になっておりました(笑)
使うかは未定なのですが、ちょっと注意して聴いてみてください。


その他、調整室での話し合いの間のブース内は、常に和気藹々と盛り上がっていらっしゃる様子でした!
特にフランス語だったり英語だったりが時々登場して、そのたびに高梨愛さんに発音を確認させていただきつつ、奮闘していらっしゃるところ場面では皆さん大盛り上がりでした!
作品の大きな聴きどころになっていると思いますので、お楽しみに~!



~~おまけ~~

収録を終えた後、原作のSHOOWA先生から全キャスト&スタッフに素敵なプレゼントが……!
写真 2015-12-29 14 31 23
写真 2015-12-29 14 31 20
クリスマ酢!!とてもおしゃれでした!!ありがとうございました!!


~~宣伝とさらにおまけ~~
今作はトークCDが、ダニエル&ヴィスの低音大人の二人と、龍之介&ゴンの高校生二人の組み合わせに分かれていたのですが、進行や説明の際は、大人組~子ども組~と言っておりました。(笑)
それぞれ色が出ている魅力的なトークCDに仕上がっておりますので、下記リンク先よりどうぞ~!


「パパ’s アサシン。~龍之介は飛んでゆく。~」
■フィフスアベニュー通信販売■
特典:出演キャストによるトークCD ダニエル&ヴィス(川原&竹内)ver.

大人組。低音なお二人によるセクシー(??)なトーク。(仮)


「パパ’s アサシン。~龍之介は飛んでゆく。~」
■アニメイトオンライン  アニメイト限定盤 (FACA-0166)■
特典:出演キャストによるトークCD 龍之介&ゴン(古川&田丸)ver.

子ども組。セフレ高校生役のお二人による可愛い(!?)トーク。(仮)


スポンサーサイト