「はきだめと鶴」試聴全4箇所&該当シナリオ公開中!!

小話
01 /13 2017
いよいよ今月発売!ドラマCD「はきだめと鶴」
現在試聴全4箇所公開中です!!

はきだめと鶴

【価格】初回限定版 4,200円(税抜)、通常版 4,000円(税抜)、アニメイト限定盤 4,400円(税抜)
【キャスト】澄川螢:平川大輔、岡崎準太:古川慎、波柴宗孝:川原慶久、大野延彦:新垣樽助、
山咲卓:狩野翔、藤場尭:間宮康弘

公開中の試聴を、該当シーンのシナリオとご一緒にご紹介したいと思います!ぜひ再生ボタンを押し、シナリオを見つつ楽しんでください!!

試聴①

▼該当シーンシナリオ(クリックで拡大します)
※太字+紫囲みが試聴抜粋箇所です。
※スタッフオススメポイントは赤字です!
試聴ブログ用1
試聴ブログ用2

トラック1からの抜粋です。ほたるさんの色気が……すさまじいですね。
スタッフの超個人的オススメポイントの中でも「触って。抱いてみる?僕のこと。」「何でもしていいし、何でもしてあげる。気が済むまで何度でも。」「その代わり……途中でやめないで。」は、原作コミックスの帯にも掲載されている印象的な台詞です。

試聴ブログ用1

シナリオに記載されている(顔の近くで囁くように)という括弧書きを見事に表現してくださった、澄川螢役の平川大輔さんの吐息・お芝居にぜひ注目してください!!


試聴②

▼該当シーンシナリオ(クリックで拡大します)
試聴ブログ用3
試聴ブログ用4

こちらはトラック3からの抜粋です。せ……切ない…………!!
個人的オススメポイントは、いつも明るくで元気な準太が、思わず声を荒げてしまうシーンです。「もし困ってることや辛いことがあったなら、それを少しでも一緒に背負わせてほしいって思うことが、そんなにダメなことなのかよ!」
真っ直ぐな準太の言葉を、本当に真っ直ぐ表現してくださった岡崎準太役の古川慎さんのお芝居の迫力を堪能してください!!


試聴③

▼該当シーンシナリオ(クリックで拡大します)
試聴ブログ用5
試聴ブログ用6

コミックス描き下ろしエピソード「雀の千声、鶴の一声」が収録されているトラック7からの抜粋です!!ガラッと雰囲気が変わりまして、甘々~なふたりのやりとりが微笑ましい!!
ほたるさんに対してついつい過保護になってしまう準太と、甘やかされ慣れてないほたるさんの初々しい反応が聞きどころです♪
個人的なオススメポイントは、意地っぱりな「ちゃんとメールしてるでしょ。」からの、貴重なデレ(準太談)が可愛い「…………あんまり甘やかさないで。慣れるの、やだから。」そして、恥ずかしさに耐え切れず逃げてしまう「お風呂入る!」です。
デレたほたるさんのあまりの可愛さに、思わず動揺してしまう準太も微笑ましいのでぜひ聞いてください^^


試聴④

▼該当シーンシナリオ(クリックで拡大します)
試聴ブログ用7
試聴ブログ用8

初回限定版限定トラック「焼け野の雉子、夜の鶴」からの抜粋です!!(トラック8)原作者キタハラリイ先生にご提供いただきました原案を忠実にシナリオに起こした、ここでしか聞けない5年後の2人のエピソード!!
元々ぐいぐいくるタイプの準太ですが、(もちろんぐいぐいっぷりは健在です!)大人の余裕と色気を手に入れて、より甘さが増しています……!!
スタッフオススメポイントは、そんな準太の大人っぷりが炸裂している「こんなに綺麗なのに?」「ふふ、俺おじさんじゃないから全然大丈夫。」などの余裕さ、「ねえ、だめ……?」に現れている色気です。ぜひ注目してください!!(声がワントーン低くなるのが大変ズルいです)
本編から5年が経過しているということで、準太役の古川慎さんには「気持ち低めのお声でお願いします」とお伝えしたのですが、完璧に表現してくださいました。岡崎準太(28)はすごいです……!
照れつつ「……一回だけね。」と答えるほたるさんの可愛さも天井知らずですよ。澄川螢(40)の色褪せない可愛さにも期待してください。


~~~~~~~~~~~
いよいよ発売まであと2週間です!!
ぜひご予約のうえ、お待ちくださいませ。

☆特典情報・販売店情報はコチラ☆

スポンサーサイト