FC2ブログ

因果性のベゼ キャストインタビュー

キャストインタビュー
11 /15 2018
因果性のベゼ キャストインタビュー

宣伝用画像

sDSCN1350.jpg

sDSCN1355.jpg


【原作】
阿仁谷ユイジ(libre BE×BOY COMICS刊刊)

【価格】
5,000円(税抜)

【出演】
梶原ひろき:小野友樹
皆本たまき:興津和幸

小山:小林大紀
梶原の父:粟津貴嗣
担任:堀総士郎
野球部男子:松浦義之
女の子:柳原利香
女の子の母:藤原由林


~~特典情報はコチラ~~


■本日の収録のご感想をお願いします!
=======
梶原ひろき役:小野友樹さん
=======

台本はものすごい量だったんですけど、あっという間に感じた収録でした。休憩中はキャストの皆さんとおしゃべりをして和気藹々としていたので、その雰囲気も相まって楽しい収録になりました。

=======
皆本たまき役:興津和幸さん
=======

とても演じ甲斐のある作品で、非常に楽しかったです。小野さんもおっしゃっていましたが、CD2枚組ということでボリュームがあったんですけど、あっという間に終わった感覚があります。お話の勢いが凄いんだと思います。小野さんと一緒に駆け抜けていった感じがありました。でも、僕の演じたたまきはゆっくり喋ってます(笑)


■印象に残ったシーン・お気に入りの台詞を教えて下さい。
=======
梶原ひろき役:小野友樹さん
=======

印象に残っているのは、小山役の小林大紀くん!原作を読んだ時に、小山の声が想像出来なかったんですよ。でも、収録に入る直前の大紀くんの咳払いを聞いた時に「これだ……!」と。小山を演じる時は、地声とは違う音域や声質を使っていてすごいなぁと思いました。ひろきとたまきがやや落ち着いていることもあって、小山は引っ張る部分もありパワーが必要な大切な役どころだったのですが、大紀くんが見事に演じてくれました。

=======
皆本たまき役:興津和幸さん
=======

僕も小山ですね。ありがたい小山でした。「カレピッピから連絡ぴっぴ」っていう小山の台詞があるんですけど、「カレピッピ」って普通に使えるのがすごい。

小野さん:大紀くん使いこなしてたなぁ……素晴らしい……。

「カレピッピ」って言いたい!いつ言うかわからないけど、使いたいワード「カレピッピ」!「カレピッピから連絡ぴっぴ」って、なんにでも「ピッピ」をつけるかわいい若者というかんじでいいですよね。……男なのに「彼女」じゃなくて「カレピッピ」……。でも自然に受け入れてしまうあのかわいさ……なんなんだ……。

小野さん:「おきピッピ」

唐突だね(笑)でも、「おきピッピ」って、なんか響かない……。

小野さん:(笑)

「おのピッピ」の方がいい。

小野さん:「おのピッピ」!なんだろう、その感じ!(笑)

「おのピッピ」の方が、響きがあるの!

小野さん:響きありますね(笑)

うまく「ピッピ」を使いこなせるようになりたいです!
あと、お気に入りのシーンは「メンダコさん」です。普段は感情があまり表に出ないたまピッピ(注.たまき)が、ちょっと興奮しているところがかわいくて好きです。演じていて楽しいシーンでした。



インタビュー第2弾はこちらから↓↓

sDSCN1357.jpg

■作中でひろきとたまきは様々なアクシデントに見舞われますが、最近起きたアクシデントやちょっとした事件はありますか?
=======
梶原ひろき役:小野友樹さん
=======

友達数人でスケジュールを合わせて、クレープ屋さんに行こうっていう計画があったんですよ。
言われた日にちを空けておいたんですけど、予定の日のちょうど1ヶ月前に友達から連絡が来て「まだ来ないの?」って言うんです。「ん?何が?」って聞いたら「クレープ食べに行くの今日だよ?」って言われてびっくりして。
確認したら、月を間違えて僕に伝えていたらしく、正しい日にちは僕が聞いた日にちの1ヶ月前だったんです。1ヶ月スケジュールがずれていたというアクシデントでした(笑)
ちなみに、クレープ屋さんには、連絡をもらってからすぐに向かえたので、行ってきました!

興津さん:行けて良かった!

たまたま現場と次の現場の中間地点にお店があったので、無事に食べられて良かったです(笑)

=======
皆本たまき役:興津和幸さん
=======

僕、水とか栄養ドリンクとかコーヒーとか、収録前にいつも飲み物を買いすぎるんです。

小野さん:僕もです……!

でも、いつも残るから、さすがに買いすぎだなと思って減らしてみたんですよ。水とフルーツ牛乳味の栄養のある飲み物、全部で2本買って収録に臨んだんですけど、その日に限って足りなくなったっていう……。収録を止めて買いに行くのが嫌だったので、頑張りました。やっぱり水は多めに買っておいた方がいいですね。

小野さん:僕は、常に鞄にもう1本入ってます。

重くない?

小野さん:重いです。でも、リュックに入れて担ぐので大丈夫です!

僕も以前は担いでたんだけど、重くて、夏に買ったサンダルが踵だけあっという間になくなったんだよ。

小野さん:それは、鞄が重いのが原因なんですか?(笑)

鞄が重いから!両足とも踵だけなくなった!

小野さん:歩き方の問題なのでは……?(笑)


■今作はタイムリープがテーマとなっていますが、過去に戻って変えたいことはありますか?
=======
梶原ひろき役:小野友樹さん
=======

ピンポイントであるんですよ!小学校6年生の転校する前日に戻りたい!
当時、3年間好きだったH子ちゃんっていう子がいて、クッキーパーティー開いたりするくらい仲良かったんです。

興津さん:うわっ!かわいいー!

でも、お互いの気持ちを確かめ合うことがないまま、父から「友樹、転校するぞ。」と告げられてしまって。まだ何も伝えてないのに……って後悔していたんです。そんな中、引っ越しの前日にいつも行くコンビニに行ったら、普段いないはずのH子ちゃんがそのコンビニから出てきたんですよ!

興津さん:運命だ!

まだ転校することも言えてなかったので、今がチャンス!って思ったんですけど、「あ、久しぶり~じゃあね~」で終わってしまいました(笑)

興津さん:(笑)

当時は全く意気地がなかったんですよね。何も言えないまま転校してしまって、そのあとしばらく文通をしていました。

興津さん:文通してたんだ!?

3、4往復くらいで、来なくなっちゃったんですけどね。

=======
皆本たまき役:興津和幸さん
=======

特にないですね。何の後悔もなく生きております。戻ったら逆に迷っちゃいそうで怖いです(笑)過去を振り返っていたら後悔しかないので、前を向いていこうと思います!
でも、唯一変えたい過去は、うちのミーちゃん(猫)を僕の頭の上に無理矢理乗せようとして引っ掻かれてから、ミーちゃんが寄ってきてくれなくなったことですね……。

小野さん:えー!その1回だけで!?

そうですね。外飼いだったので、半分野良みたいな飼われ方だから警戒心が強いんですよ。無理矢理仲良くなろうとしちゃダメだっていうのがよくわかりました。ごめんねミーちゃん……。ミーちゃんと仲良くしたい。黒猫のミーちゃん。

小野さん:僕も子犬を飼い始めたんですよ。可愛がりすぎると嫌がられちゃうんですかね……。

犬は大丈夫じゃない?

小野さん:あれ!?犬は大丈夫なんですか!?(笑)今は、僕を見るとまず警戒をするんですけど、近付くとペロペロ舐めまわしてくるんですよ。謎の距離感がありつつも懐いている……みたいな不思議な感じです(笑)


■ファンの方へのメッセージをお願いいたします。
=======
梶原ひろき役:小野友樹さん
=======

インタビュー中に気付いたんですけど、「ベゼ」ってチューのことだったんですね。興津さんは気付いてました?

興津さん:はい。

気付いてなかったの僕だけか!(笑)この作品のお話をいただいてから少しの間、タイトルを『因果性のベガ』って勘違いしていたんですよ。

興津さん:「ゼ」と「ガ」って、ちょっと似てるもんね(笑)

そうなんです。インタビュー中に「あっ!フランス語のベーゼだ!だからだー!」ってようやく結び付くくらいの僕なんですが、梶原ひろきを精一杯演じさせていただきました。

興津さん:この「ベゼピッピ」がキーワードになっているという。

ベゼピッピ!(笑)こんなかんじで休憩中は和気藹々としていましたが、収録中は、興津さんとお芝居の方向性を合わせつつ、時にあえて違う方向を向いて演じさせていただけたという感覚があります。興津さんとのコンビで良かったと、改めて思います。
タイムリープという何度も何度も過去に戻って繰り返す、けれども、それぞれが全く同じ過去、同じ時間軸ではないという部分を、ちょっとした芝居の違いを感じつつ楽しんでいただければ嬉しいなと思っております。重要なキーを握っている「ベゼ」がどういう形で交わされるのか、是非あなたの目で、耳で、確かめていただけると嬉しいです。原作とCD、併せてお楽しみください!

=======
皆本たまき役:興津和幸さん
=======

タイムリープをして何度も過去に戻って繰り返す世界ということで、僕も何度も考えて、お芝居を組み立てました。
皆さんも何度も聞いて、何度も考えて、素敵なベゼをしてください。お楽しみに!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャストインタビューを全文公開いたしました!
小野さん・興津さんの素敵なトークは、ショップフィフスアベニュー(公式通販)特典である「キャストトークCD」でも、お楽しみいただけますので、ぜひぜひGETしてください★

■Shop Fifth Avenueでのご予約はコチラ!
スポンサーサイト