FC2ブログ

暴愛フレンドシップ キャストインタビュー

キャストインタビュー
12 /18 2018
暴愛フレンドシップ キャストインタビュー
暴愛フレンドシップ
縮小DSCN1364
縮小DSCN1369
縮小DSCN1375
【原作】
ずんだ餅粉(Jパブリッシング刊)

【価格】
3,800円(税抜) ※特典リーフレット&特典ミニドラマCD付き!

【出演】
宮崎弓鶴:白井悠介
橘恭也:佐藤拓也
佐藤照:野津山幸宏
秋山幸太朗:熊谷健太郎

東雲舞:東城日沙子
橘恭也(幼少期):杉山里穂
川上真斗:富樫美鈴
梨華:田中貴子
男友達1:宮崎遊
男友達2:今井文也
同級生1:渋谷彩乃
同級生2:永井真里子
生徒:柳原利香

~~特典情報はコチラ~~

■本日の収録のご感想をお願いします!
=======
宮崎弓鶴役:白井悠介さん
=======

僕が今回担当させていただきました弓鶴は、ネガティブな性格でおどおどした喋り方をする子だったんですが、これまでそういったキャラクターを演じることがあまりなかったので、すごく新鮮でした!一言一言発する度に、もっと弓鶴を演じたいなという気持ちになりました。

=======
橘恭也役:佐藤拓也さん
=======

僕が演じた恭也は俺様な性格で、すごく華のあるキャラクターでした。でもその華やかさや俺様っぷりは、彼が持つ過去の経験が大きく影響しているものだとも思いましたので、そこを意識しながらキャラクターを作っていきました。
もちろん俺様な言動や態度はよく出てくるんですけど、どこかで「ここまで当たりが強くてもこの人は受け入れてくれるのかな」とか、「こんな接し方をしてたら、俺の前からいなくなるんじゃないかな」とか思っているのかなと感じたので、そういった恭也の繊細な面に気をつけて演じました。
個人的には、弓鶴くんの可愛さに素直にキュンキュンしている恭也が好きだったので、今後もっとそういう面を出していってくれたら良いなと思いました!

 白井さん:お願いします!(笑)

■役を演じる上で、楽しかったことや気をつけたことを教えて下さい!
=======
宮崎弓鶴役:白井悠介さん
=======

弓鶴はどこをとっても新鮮だったので、全体通してすべて楽しかったです!
収録前までは、「ネガティブ」「根暗」というキャラクター設定から、低めの声でぼそぼそ話すようなキャラクターなのかなと思っていたんですが、実際にテストで演じてみたところ、声は高めで、ぼそぼそ話すというよりおどおど話して欲しいと音響監督さんに言っていただきましたので、そこは収録中ずっと気をつけていました。
うっかりすると、すぐに声が低くなってしまって、何度か「おじさんっぽくなっちゃってるので高校生にして下さい」と言われてしまったので(笑)

 一同:(笑)

おじさん成分をなくして演じることが、一番気をつけたことですね(笑)

=======
橘恭也役:佐藤拓也さん
=======

恭也は、「俺様男子」というキャラクター設定もあり、弓鶴くんに対してわりと強引でぐいぐいくるシーンが多かったんですが、そこが「怖い」印象にはならないようにしたいなと思っていました。
また、ストーリーの冒頭で、恭也が弓鶴くんに、いわゆる『セフレ関係』を持ちかけるシーンがあるんですけど、そういう単語が飛び出すとどうしてもチャラいイメージになりがちかなと思うんですが、実際には恭也はそういうキャラクターではないので、チャラく聞こえないように気をつけて演じたつもりです。
過去の経験からくる寂しさや、「良いな」と思った人と身体を繋げる時間への恋しさが彼をそうさせただけなのかなと感じていたので、恭也がただの「遊び人」みたいにならないように意識しました。

■印象に残ったシーンやお気に入りのセリフを教えて下さい!
=======
宮崎弓鶴役:白井悠介さん
=======

元々友達が一人もいなく、ほとんど誰とも話すことがなかった弓鶴が、恭也と関わることでどんどん話したり、意思表示できるようになっていくシーンはどれもお気に入りですね。「成長したな~」と思いながら、楽しく演じました。
印象に残っているのは、弓鶴のモノローグです。モノローグは素なので、日頃は表に出てこないような弓鶴が出ていて、普段おどおどしている分その差が面白かったです。

=======
橘恭也役:佐藤拓也さん
=======

弓鶴に友達が出来たシーンは、すごく印象に残っています。恭也を演じさせていただいた立場からすると、恭也は「恭也のまま」では本当に友達と呼べるような人が出来なかったのに、弓鶴は「弓鶴のまま」で友達が出来たので……。そこはやっぱり恭也にとっては複雑だろうなと思いました。「俺を置いていっちまうのかよ」って不安になったと思います。恭也の繊細な部分が出てくるきっかけにもなったシーンだと思うので、印象に残りました。

縮小DSCN1362
縮小DSCN1371
縮小DSCN1374
■作中で弓鶴と恭也は二人で文化祭をまわっていましたが、お二人の文化祭にまつわるエピソードを教えてください!
=======
宮崎弓鶴役:白井悠介さん
=======

これがですね……。ないんですよ(笑)

 一同:(笑)

文化祭に結構非協力的な学生でした(笑)別に反発してたとかではないんですけど、積極的に参加して盛り上がってる皆を見ながら、「やってんな~」って思ってました(笑)

 佐藤さん:当日は何してたの?

当日は使ってない教室で、友達と漫画を読んでました(笑)

 一同:(笑)

終わったら早々に帰って、ゲーセンに行ったりしてましたね。

=======
橘恭也役:佐藤拓也さん
=======

いや……、実は僕もなくてですね(笑)

 白井さん:あれー!?デジャブ!!(笑)

在学時期が、それまで男子高だったのがやっと共学になったタイミングだったんですよ。なので、在校生の8割が野郎でね!(笑)

 白井さん:なんか逆に盛り上がりそうな気もしますけど……。

それがねぇ、何かお店を出すわけでもないし、ステージに出演するわけでもないし……。まぁ一部やってる人もいましたけど、僕は文化祭開始早々に「じゃあ僕は部活に行きます!」っていうタイプでしたね(笑)

 白井さん:あーなるほど!部活されてたんですね。

なので、今日みたいにお仕事で文化祭のシーンがあって、ガヤとかで模擬店やってる声入れたりするじゃないですか。「おでんやってま~す」とか「クレープどうですか~」とか。……全部想像なんですよね(笑)

 一同:(笑)

なんだったら、お仕事の作品世界の中のほうが、楽しい文化祭の思い出多いです(笑)作品の中では自分のことリア充だなって思います。

■ファンの方へのメッセージをお願いいたします!
=======
宮崎弓鶴役:白井悠介さん
=======

素敵な原作コミックスの世界観を壊さないように、丁寧に演じたつもりです。
絡みのシーンもガッツリとあります!(笑)

 一同:(笑)
 佐藤さん:そうね!(笑)

すごく頑張りましたので、そこも楽しみにしていただければと思います(笑)
次はぜひ大学生になった弓鶴くんと高校生の恭也くんの恋の行方を知りたいなと思っていますので、ぜひ原作コミックスとドラマCDどちらも応援していただけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

=======
橘恭也役:佐藤拓也さん
=======

気持ちの描写がすごく丁寧で素敵な作品でしたので、ドラマCDでもそれをうまく表現できていたらなと思っております。この作品に参加できて本当に良かったなと思ってますし、僕も今から完成を楽しみです。
今回のお相手は白井くんということで……、自他共に認める「敏感声優」さんですのでね(笑)

 白井さん:そうですね。
 一同:(笑)

絡みのシーンの台本では、弓鶴の語尾のほとんどが「❤(ハート)」でね。

 白井さん:あーそうでしたね!

ストーリーが進むと共にどんどん可愛くなる弓鶴くんと一緒に、白井くんもどんどん可愛くなっていってて(笑)

 白井さん:え……っ!嬉しい!
 一同:(笑)

一緒に演じることが出来てすごく嬉しかったなと思っております。

 白井さん:いやいや……こちらこそです。

ぜひまた恭也と弓鶴として皆様にお会いしたいなと思っておりますので、素敵な原作コミックス共々、どうぞよろしくお願い致します。末永く愛してください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
キャストインタビューを全文公開いたしました!
白井さん・佐藤さんによる爆笑必至の楽しいトークは公式通販特典の『キャストトークCD』でお楽しみいただけます★
さらに!封入特典のトークCD巻末には、白井さん・佐藤さん・野津山さん・熊谷さんによる音声コメントも収録!
ぜひぜひご予約をお願いいたします!!

■Shop Fifth Avenueでのご予約はコチラ!

■試聴第1弾も公開中!
スポンサーサイト