FC2ブログ

狂い鳴くのは僕の番;β3 キャストインタビュー

キャストインタビュー
03 /22 2021
狂い鳴くのは僕の番;β3 キャストインタビュー
※※※原作コミックスのネタバレを含みますので、ご注意下さい※※※
FACA-0356_design_kuruinakuβ3_slider_210108_1535_ol-01
DSCN1814.jpg
DSCN1811.jpg
DSCN1809.jpg
【原作】
楔ケリ (アメイロ刊)

【価格】
4,950円(税込) ※2枚組!

【出演】
雀部澄斗:小林裕介
鵜藤慎吾:新垣樽助
白取優雨:中島ヨシキ
烏丸雅:白井悠介
高羽慧介:古川慎

飛永渉:川原慶久
部長:外崎友亮
白取兄:小林千晃
白取父:山本兼平
カイト:石川賢利
医者:樋柴智康
助産師:竹内麻沙美
女性新卒1:浅見春那
女性新卒2:新田早規

~~特典情報はコチラ~~


■前作から約2年ぶりの収録となりましたが、久しぶりにキャラクターを演じてみて、印象が変わった点・変わらない点を教えてください!

=======
雀部澄斗:小林裕介さん
=======

変わらない点は……そうですね、やっぱり常にどん底にいるところですかね(笑)

 一同:(笑)

雀部を中心に物語が動いているので、渦中の彼は色んなしがらみや色んな人の感情に振り回されて可哀想だなって思います。それは「;β1巻」「;β2巻」からずっとそうで、そこは今回でも変わらなかったんですけど……。ただ今回はね!最後に報われるので!!いつもより可愛い彼が見られる瞬間がこれまでより多かったです。そのときは、変に遠慮せず全力で可愛いところを見せよう!と思って演じました。

=======
鵜藤慎吾役:新垣樽助さん
=======

まず変わらない点は、周囲の人に対して「優しい」っていうところですね。そこはやっぱり鵜藤の真ん中にある、絶対にブレない性質なんだろうなと思います。
変わったところとしては、お話が進んでいくにつれてこれまで見えなかった面を見せるようになっていて、今回は、これまで言えなかったことが沢山言えるようになったかなと思っています。我慢してきたことが多いキャラクターなので、僕も演じていてスッキリしました(笑)

=======
白取優雨役:中島ヨシキさん
=======

僕が白取の印象で変わったっていうことはないんですけど、聞いてる皆さんの印象が気になりますね。僕は元々「;β1巻」で白取役をお引き受けしたときに、彼がどういうキャラクターなのか今後のストーリーの展開も含めて、事前に聞いた上で演じていたので。
さっき調べたら、ドラマCD「;β1巻」の収録は2018年の2月頃だったので、3年前くらいから、僕だけは本当の白取を知ってたんですよ(笑)

 一同:(笑)

オファーいただいた時点で、コミックス「;β2巻」収録分のネームとかまで見せてもらっていて。すごく印象に残っています。

 一同:へー!

なので色々抱えてる人だなっていうのは分かっていて、前作までは彼のそういう部分を「出すのか、出さないのか」「ここでは見えた方が良いのか、見えない方が良いのか」っていうことをずっと考えながら演じていたので、今回お聞きくださる皆さんの中で、白取の印象がどういう風に変わったのか、それとも最初から「怪しい」と思われていたのか……(笑)

 一同:(笑)

そこが気になるところですよね(笑)怪しさの匙加減はずっと気にしていたので。
例えば、コミックスで背景が黒ベタで塗られていたらちょっと怪しい感じが出るじゃないですか。それと同じことが音声でもあって、ちょっと声のトーンを落としてみたりすると、そういう雰囲気が出せると思うんですよ。ただそれをどこまで出すかっていうのは、スタッフさんとも相談しながら、塩梅を常に探っている感じでしたね。でも白取は結構「もっと出しちゃっていいです」と言われることが多かったので、最初から皆さんも怪しいと思ってたのかな(笑)

=======
烏丸雅役:白井悠介さん
=======

烏丸を演じるのは約2年ぶりだったんですけど、でもそのときから考えるとそんなに印象が変わったところはないですね。ただ1番最初の「狂い鳴くのは僕の番」の頃から考えると、本当に変わったなと思います。元々は自分の性別も周りもすべて利用して、のし上がってやるぞというところがあったんですけど、やっぱり高羽と結ばれて以降のβシリーズでは幸せそうで、烏丸に高羽がいてくれて良かったなと思います。
今回のシリーズで言うと、烏丸は鵜藤とは付き合いが長くて、高羽とは別の意味で特別な存在だと思うので、鵜藤を気にかけて時々アシストするようなシーンは良いなと思いました。自分のことでいっぱいいっぱいだった頃には見せない一面だったんじゃないかと感じたので、そこは印象が変わったところかなと思います。

=======
高羽慧介役:古川慎さん
=======

さっき白井さんが言ったように、高羽も1作目の「狂い鳴くのは僕の番」である程度の棘はなくなっているような状態だったので、今回で印象が大きく変わるようなことはなかったです。でも1作目と比べると高羽も心からの笑顔が増えましたよね。元々は烏丸に自分の父親を重ねていて、オメガに対する嫌悪感があったので、そこを隠しての笑顔だったと思うんですけど、今はもう心から爽やかな青年になってね!烏丸の前ではもちろんなんですけど、鵜藤や雀部の前でもにこやかで安心してます。
個人的には、まだ色々乗り越えられていない頃の高羽も人間らしくて好きですけどね(笑)でも今見えてる高羽が、本来の高羽なんだと思うので、出せるようになって良かったね!って思います。


■印象に残ったシーン・お気に入りのセリフを教えてください!

=======
雀部澄斗:小林裕介さん
=======

あのー……僕、今まで色んなキャラクターで嘔吐するシーンを……。

 一同:(爆笑)

これまで沢山やってきたんですけど、今回は「濡れ場の中で」っていう、新しいバリエーションが増えちゃいました(笑)

 新垣さん:めちゃくちゃ吐いたもんね(笑)口元を抑える指の間から……。

そうなんですよ(笑)

 中島さん:あれすごかった!(笑)

そのときの雀部はもう白取と番になっているので、鵜藤との行為がつらい体になってるんですけど……。とは言え、好きな人相手だから快楽というか……求める気持ちもあると思うんですよね。その「吐きながらも求めたい」という嘔吐シーン、力入れました!本当に!ぜひ聞いて欲しいです。

=======
鵜藤慎吾役:新垣樽助さん
=======

僕も濡れ場になっちゃうんですけど……、雀部と鵜藤が結ばれてから、初めて心でも体でも繋がれたっていうシーンは、印象に残っていますね。
鵜藤はきっと、最初は、雀部と一緒にいられるなら、そこまでは求めていなかったかもしれないと思ってるんですけど、色々あったにせよ2人がそこにたどり着けたのは本当に良かったなって思いました。鵜藤よく頑張った!って(笑)

 一同:(笑)

よく我慢したなって。そこは褒めてあげたいです。

=======
白取優雨役:中島ヨシキさん
=======

白取のシーンで言うと、自分の過去を鵜藤へ話すシーンですかね。ここは本当にお芝居が難しいなと感じたところです。
僕これまで「このシーンってどういう気持ちなんですか?」ってなることがあんまりなくって、基本的に自分の中で整理がつく方なんですけど、ここは白取の気持ちがうまく掴めなくて……なので印象に残っています。
「アルファってすべからくプライドが高い」と僕は感じていて、生まれながらの環境から、程度に差があってもみんなそうだと思うんですね。そのこともあって、アルファである白取が自分の弱みを見せるってどういう心境からなんだろうって、すごく難しくて。しかも、憎っくき鵜藤さん相手に。ある意味では、実のお兄さん以上に自分の人生をめちゃくちゃにした人なので……。まぁ、逆恨みなんですけど(笑)

 一同:(笑)
 新垣さん:ほんとだよ!こっちは知らなかったんだから!(笑)

ほんと逆恨みも良いとこなんですけどね(笑)
このお話って、結局誰も悪くないっちゃ悪くないしな……っていうところが難しいですよね。白取以外の男と番ったお兄さんだって悪くないし、堅実でエリート思考のお父さんだってきっと、自分の子供に幸せになって欲しいからだろうし。そういうの考えると、やっぱり白取にも報われて欲しいなって思います。

=======
烏丸雅役:白井悠介さん
=======

やっぱり本編一番最後の海のシーンは印象に残ってますよね。烏丸が「運命より運命らしい恋ってあんだな」ってセリフを、鵜藤と雀部を見ながら言うんですけど、これは自分たちにも言えることで。「俺はお前だったけど」って高羽に言ったのは良かったですよね。
鵜藤と雀部も本当に色々なことがありましたけど、ようやく今回結ばれて……。これからも色んなことがあるとは思うけど、2人一緒なら大丈夫だと思うので、ひとまず、良かったね!って言ってあげたいですね。

=======
高羽慧介役:古川慎さん
=======

鵜藤と雀部の間に子供が産まれるシーンですかね。やっぱり男同士で妊娠ができるのってオメガバースの世界観特有のものですし、本当に子供できるんだなっていうのも新鮮でした(笑)

 白井さん:確かに!僕も実際に子供が産まれたオメガバース作品って初めてかもしれない。

ね。高羽・烏丸サイドとしては、単純に「いいなぁ~」って。本当におめでとう!

■発売を楽しみにお待ちいただいている皆様へメッセージをお願いいたします!
=======
雀部澄斗:小林裕介さん
=======

皆さんのおかげでβシリーズ完結まで僕達の声を入れることができました!本当に応援していただきありがとうございます。
100%幸せな結末ではないかもしれないですけど、今彼らが勝ち取れる中では100%の幸せだったと思うので、最後まで見届けていただけたら嬉しいです。

=======
鵜藤慎吾役:新垣樽助さん
=======

僕も完結まで演じることができて、本当に皆さんに感謝しています。ありがとうございます!
ドラマCDオリジナルのセリフなんですけど、作中に「幸せって、永遠に続いてくんだ……」っていう雀部のセリフがあって。βシリーズは今回で完結になりますけど、鵜藤と雀部の時間はまだ始まったばかりで、ここからは幸せが永遠に続いていくんだろうと思える作品になっていますので、2人の「その先」を思い描きながら何度も聞いていただけたらと思います。

=======
白取優雨役:中島ヨシキさん
=======

白取は悪役でした!実は!(笑)

 一同:(笑)
 新垣さん:バレバレだったよ(笑)

今回、こういう形で彼の半生が描かれた結果、悪役的な立ち位置になりましたけど、僕はもう少し掘り下げて見てみたいなと思いましたし、誰かの幸せを妨害しない形で白取も幸せになってくれればと願っています。白取優雨の物語はまだ完結していないと思っているので……、原作者の楔ケリ先生にはひとつ頑張っていただきたい(笑)

 一同:(笑)

ぜひ原作コミックスと合わせて、ドラマCDも楽しんでいただければと思います。よろしくお願いします。

=======
烏丸雅役:白井悠介さん
=======

今回も烏丸役として出演することができてすごく嬉しいです。皆さんの応援のおかげです!今回のメインはなんと言っても雀部と鵜藤なんですが、それを見守る烏丸・高羽カップルも新鮮ですし、今回は烏丸・高羽メインの番外編も収録されてますので、どちらも楽しんでいただければと思います。よろしくお願いします!

=======
高羽慧介役:古川慎さん
=======

βシリーズは『ドラマCD2枚組』『3本分』、足掛け3年ということで、相当な時間をかけて関係を深めていった雀部と鵜藤なんですが、ようやく!今回結ばれますので、皆さん最後まで一緒に見届けてください。
僕らも高羽・烏丸として、このシリーズとは長いお付き合いですし、この2人の続編コミックスも予定されているということなので、そちらも合わせてぜひよろしくお願いいたします。



~~~~~~~~~~~~~~~
キャストインタビュー全文公開いたしました
ドラマCD「狂い鳴くのは僕の番;β3」は2021年4月21日(水)発売です💿✨

小林裕介&新垣樽助&中島ヨシキ/白井悠介&古川慎によるトークは、公式通販 Shop Fifth Avenue特典の、
『キャストトークCD』でもお楽しみいただけます💗

Shop Fifth Avenueでのご予約はコチラから!!
(※特典トークCD付与期間:2021年5月31日まで)



「狂い鳴くのは僕の番;β3」ドラマCD発売記念
原作:楔ケリ先生リアルサイン会開催決定!!
ご応募受付中!!!!

※※詳細は画像をクリック※※
kuruboku2_3_サイン会_1


スポンサーサイト